「親が死んでよかったね」 ブラック企業に寄せられた衝撃の体験談を弁護士が一刀両断

「働き方改革」の流れもある中で、こんなとんでもない会社もまだ存在する。

社会

2018/06/02 10:00

香典
(kf4851/iStock/Thinkstock)

国会では、「働き方」が大きなテーマになり、さまざまな企業で「働き方改革」が進む昨今。しかし一方で、ブラック企業に悩む人も少なくない。



 

■弁護士が対策アプリを開発

東大法学部卒業の弁護士であり、大手戦略コンサルティング会社で経営コンサルタントとして勤務した経験も持つ南谷泰史さんは、スマホアプリ『残業証拠レコーダー』を開発。

GPS機能を使って、未払い残業代請求のための法的証拠を自動で残せるというサービスだ。南谷弁護士が、サイトで「ブラック企業でのエピソード」を募集したところ、予想を大きく上回る体験談が寄せられた。

その中でも衝撃的なブラックぶりな体験を紹介しよう。


関連記事:身内には甘い! 家族経営の会社に勤めた社員が不快だったこと3選

 

■家族がガンになって…

ひーるそんさんがある企業に勤め始めてすぐのこと、母親に重い病気が見つかったという。

「入社2年目のことです。母親がガンになり、その看病と病院通いのため、残業など(当然サービス残業です)あまり協力できないことを伝えました。上司に承知してもらえたのでよかったと思いましたが、先輩や教育係に『自分だけ大変だと思うな』『母親が病気なんて、仕事に関係ない』などと言われました。


自分にも甘えがあり、先輩方の言うとおりだと思い、歯を食いしばって何とかこなしました。結局、母親は亡くなりましたが、その後、仕事に打ち込めるようになりました」

次ページ
■先輩「お母さん、死んでよかったね」

この記事の画像(2枚)