青山めぐ、ノーバンならぬ「ノーパン始球式」に挑戦? 本人はやる気満々も…

4日深夜に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、青山めぐが「ノーパン始球式」実現へ向け強い意欲を見せた。

スポーツ紙などでよく目にする「ノーバン始球式」という言葉がある。

言うまでもなく、野球の試合前に行われる始球式をノーバウンドで成功させることを意味するものだが、誰しも一度は「ノーバン」を「ノーパン」と見間違えた経験があるのではないだろうか。

4日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、そんな「ノーパン始球式」を実際にやってみようという企画が行われた。

 

■青山めぐ、ノーパンを快諾

番組ではこの企画を実現するため、グラビアなどで活躍する元レースクイーンの青山めぐにオファー。これまでにも数々のセクシー企画に出演してきた、番組にとっては欠かせない人物だ。

ミニスカートの下に下着を着用せず投球を行ってほしいという番組の要請に、青山は「モザイクかけてくれるんですよね? 私、別に構わないですよ」と表情一つ変えずにあっさりと快諾。

むしろ男性マネージャーの方が焦りの表情を見せ、青山を説得するため一時席を外す事態となった。

 

■青山の男気に喝采

結局は事務所NGということで企画は実現しなかったものの、青山の「男気」に視聴者からは惜しみない称賛の声が送られた。

次ページ
■ミニスカ始球式でパンツは見えるのか

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ