超ビギナーでも失敗しない簡単メニュー! 納豆でスタミナ料理も

調味料としても重宝する『すき焼のたれ』を使った簡単料理を紹介。

グルメ

2018/06/07 08:00

納豆は3パックセットが基本スタイル。買ったものの、ご飯にかけて食べる以外レパートリーがないから余る…って人も多いはず。

しらべぇ取材班は調理師免許をもつ記者が、手頃な材料と市販のタレで、料理ができない人や苦手な人でも、「絶対に失敗しない」鉄板レシピを作ってみるこの企画。

第9弾はエバラ食品工業から販売されている『すき焼のたれ』を使い、おかずにもなる超簡単納豆料理が作れちゃう! 東日本で人気の物と、西日本で人気な「マイルドタイプ」がある。今回は東日本でよく見るほうを使用することに。


画像をもっと見る

 

■スタミ納豆

納豆は付属のタレで味付け。だけど、たまには違う味でご飯を食べたいな…そんなときにちょっとした工夫で、美味しく変化させることができる。

・材料(1人前)

納豆:1パック、ニラ:1/3本、すき焼のたれ:小さじ1/2


納豆1

①ニラをみじん切りにする。

納豆2

②納豆とニラを混ぜて、付属のタレの代わりにすき焼のたれを混ぜる。

納豆3

ご飯の上にのせると、これだけで1食満足できるくらいインパクトある味に。普段食べている納豆にタレの甘味が加わり、少しだけ臭いが和らぐ。お好みでちぎったのり、もしくは刻みのりをのせると風味もプラス。


関連記事:『イッテQ』森三中ら不在の「温泉同好会」に「ひどい」 辛辣な声が相次ぐ

 

■きんちゃくスタミ納豆

1つ目で作ったスタミ納豆にちょっとしたアレンジを加えるだけで、また違う味が楽しめるのだ!

・材料(1人前)

スタミ納豆:1人前、油揚げ:1枚


きんちゃく1

①油揚げを2等分にして、真ん中に切り込みを入れて袋を作る。

きんちゃく2

②スタミ納豆を油揚げに詰めて…

きんちゃく3

縫うように楊枝で止める。きんちゃく型がなんともかわいらしい!

きんちゃく4

③トースターで5分こんがりと焼き色がつくまで加熱。

外はサクッとして食感もいい。友達が家に来たときに作ってあげたら「何が入ってるんだろ?」とワクワク気分も楽しめる!

きんちゃく5


■もやしと豆苗の簡単ビビンバ

ビビンバと聞くとかなり難易度の高い料理に思うけど、簡単な調理ですぐに美味しく作れる。しかも、低コストでたっぷり食べられるから、給料日前などにも嬉しい一品!

・材料(1人前)

ひき肉:50g、豆苗:1/3袋、もやし:1/4袋、ごま油:小さじ1/2、ご飯:1膳分、すき焼のたれ


ビビンバ1

①ひき肉の色が変わるまで炒めて、すき焼のたれ(大さじ1)で味付け。

②豆苗を半分に切る。

ビビンバ4

③切った豆苗ともやしをサッと茹でて…

ビビンバ3

流水で冷ましてから、水分をよく絞っておく。

ビビンバ5

④ごま油とすき焼のたれ(大さじ1)を合わせて③と混ぜる。

ビビンバ6

⑤ご飯を入れた丼に盛って完成。

お好みで目玉焼きをのせると、うま味がアップ! とろ〜んと流れ出す黄身がまさに飯テロ…

普段目にしている食材も、組み合わせ次第で簡単に美味しいおかずが作れる。

梅雨入りした地域もあり、ジメジメとなんだか気分がのらない日が続いてしまう…。そんなときは、スタミナのつくご飯を食べて、元気いっぱいに過ごそう!

・合わせて読みたい→1歳娘を彼氏に預け、出掛けた母親 その後の出来事が「母ではなく女」と絶句

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(19枚)