品川庄司・はんにゃも夢中に! 「ゾイド」新作に大人も子供もハマりそう

「ゾイドワイルド ステージ」に、品川庄司・はんにゃ・FUJIWARA、そしてWBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太、声優の小野賢章と小松未可子が登場。おもちゃ、そしてアニメの魅力を語った。

ゾイドワイルド

6月7日〜10日の4日間、東京ビッグサイトで開催されている「東京おもちゃショー2018」。その中のタカラトミーブースにて行なわれた「ゾイドワイルド ステージ」に、品川庄司・はんにゃ・FUJIWARA、そしてWBA世界ミドル級チャンピオンの村田諒太、声優の小野賢章と小松未可子が登場。


画像をもっと見る

 

■そもそも「ゾイド」って?

ゾイド

ゾイドとは、金属の肉体と動物の本能・闘争心を持つメカ生命体のこと。35年前に発売され、組み立て起動玩具として男の子を中心に人気を博している。

その12年ぶりとなる新作が、「ゾイドワイルド」なのだ。

ゾイド

これ、全部自分で作って遊べる「ゾイド」たち。

ゾイド

このアーマーパーツを組み立てることによって

ゾイド

こんなかっこいいゾイドになるのだ!


関連記事:TOKIO・長瀬智也の意外すぎる一面にファン悶絶 ワイルドなだけじゃない?

 

■宮大工と一緒!?

FUJIWARA、品川庄司、はんにゃ

第1部に登場したのは、ゾイドを全く知らないFUJIWARAの2人とゾイド芸人の品川庄司・はんにゃの4人。

FUJIWARA・藤本

FUJIWARAの2人は「35年前って、中一だった」と話すように、ゾイドをほとんど知らないそう。

FUJIWARA・原西

そんな2人にゾイド芸人たちは「組立」「デザイン」「動き出す」の3点から魅力をプレゼンしていく。

はんにゃ・川島

はんにゃ・川島はゾイドと1歳違い。「大人も骨の勉強ができるんです!」と謎のアピールを繰り広げる。

はんにゃ・金田

はんにゃ・金田はときおりゾイドのものまねをしつつ、「子供の頃、お金持ちしか持ってなかった…まさに憧れのおもちゃ」と目をキラキラさせながら、「組み立てるのに接着剤がいらない。宮大工と一緒ですよ!」と独特の説明。


■おじさん大興奮!

実物が出てくると、おじさんたちは子供のような顔で見つめる。

品川庄司・はんにゃ

今作から増えた動きである必殺技の発動「ワイルドブラスト」に大興奮!

品川庄司・品川

コンビ揃って子供のいる品川庄司の2人。品川は「懐かしい気持ちで楽しめるし、子供には新鮮。僕はカブトムシとかクワガタとか、小回りの効くやつがいいですね」、

庄司は「うちの息子が6歳なんですよ、ドンピシャでしょ。物を作るのが好きで、今も牛乳パックで作ったりしている。ゾイドデビューさせて親子で遊びたい」と親目線で魅力を語る。

6人のはしゃぎっぷりを見ていると、大人こそハマってしまうおもちゃなのかも。

次ページ
■ゾイドはAIみたい?

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

アニメプラモデル小野賢章品川庄司FUJIWARA村田諒太東京おもちゃショーゾイドはんにゃ小松未可子ロボ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング