未来へも2次元へも行ける! 50周年『人生ゲーム』で今とは違う人生を歩め

人生ゲームに「タイムスリップ」「週刊少年ジャンプ」が登場。いろんな世界に飛び込め!

大人から子供まで、きっと一度は遊んだことがあるボードゲームといえば、やっぱり『人生ゲーム』。ルーレットを回してコマを進め、マス目の指示に従うだけというシンプルなルールながら、思わず熱中してしまう。

そんな人生ゲームは、なんと今年で日本発売50周年!


画像をもっと見る

 

■過去から未来「100年」遊べる!?

50周年記念として登場した新作が、この『人生ゲーム タイムスリップ』(税抜3,980円、発売中)だ。

初代人生ゲームが発売された、1961年からゲームはスタートしていく。乗るのはタイムスリップできそうなマークの付いた車。

うん、これなら未来へ行ける…気がする。

給料やお宝の価値も時代によって変動するなど凝っており、途中のコマには時代を反映したものも多い。

これは「100歳、100歳」の2人か! と、ついつい懐かしく盛り上がってしまう。

時代を象徴する建物が実名&立体で登場しており、これらはきちんと監修も受けているんだとか。

中には、今はまだ完成していない建物も…。


関連記事:『イッテQ』森三中ら不在の「温泉同好会」に「ひどい」 辛辣な声が相次ぐ

 

■未来ステージへ…

ゲームを進め、2018年までの50年を終えると「未来ステージ」に移行することができる。

未来ステージでは「予測未来」「空想科学」から選ぶことができ、それぞれ「こんな未来ありそう…」なマスが沢山。

止まらなかったマスまで読みたくなってしまう。


■『週刊少年ジャンプ』とのコラボも!

そんな「未来ステージ」よりもぶっ飛んだマスが続くのが、『週刊少年ジャンプ 人生ゲーム』(税抜4,500円、7月下旬発売予定)!

共に50周年ということで、こんな奇跡のコラボが誕生してしまったのだ。すごい。

コマももちろん、キャラクター達。

このゲームで集めていくのは、お金ではなく信頼の証「Jメダル」。まあ…確かにジャンプの世界にお金とか登場してほしくないな…生々しい。

仲間を集め、メダルを獲得してゴールを目指していくのだ。


■53もの作品が!

バトルコース、ラブコメ&ギャグコースなど4つのコースを通っていくのだが、漫画を読む感覚で楽しめるのが特徴。

「霊丸(レイガン)で強行突破! 4メダル失う」とか、『幽遊白書』を読んでいた人にはたまらない…ちょっとポーズとりたくなる。

ちなみにこの盤面、小ネタが隠されている。

オレンジのところを反対から見ると…

「JUMP」の文字に!

作っていく中で「あれも入れたい!」「これも!」と詰め込んだ結果、歴代の人気漫画53作品がぎゅっと詰め込まれている。


どちらの人生ゲームも、大人から子供まで、誰でも「これは!」となるマスが用意されており、それを読むだけで楽しめそう。テレビゲームもいいけれど、たまにはアナログゲームで家族みんな盛り上がってみては。

・合わせて読みたい→1歳娘を彼氏に預け、出掛けた母親 その後の出来事が「母ではなく女」と絶句

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

未来週刊少年ジャンプ過去タカラトミー東京おもちゃショー人生ゲーム
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング