クールジャパンの闇 アニメ業界のブラックぶりは「月300時間労働・初任給6千円」

「子供に夢を与える職場に夢はない」という言葉が重すぎる。

社会

2018/06/27 11:30

アニメーター
(Deagreez/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

アニメや漫画は日本が世界に誇るポップカルチャーだが、その職場環境は相当ブラックだという伝えられている。

GPSを使って残業時間の証拠を自動で記録できるスマホアプリ『残業証拠レコーダー』を開発した日本リーガルネットワーク社には、元アニメーターからも恐怖のブラック体験談が寄せられている。



 

■徹夜続きで月300時間労働

M・Yさんは、アニメーション専門学校を卒業。アニメ業界がブラックであることは知っていたため、一般企業への就職を希望したが、家族の要望でアニメ会社を受けたところ合格してしまった。

「都内のオフィスへ通勤していたのでOL社員のように働いていましたが、契約形態は業務委託でした。固定給のアニメーターはほんの一握りなので、当たり前にそれを受け入れていましたが、最初は量をこなすのが難しく初任給は月6千円で貯金を崩す生活でした。


十何連勤も出社し、徹夜がある日も多く、タイムカードをみると月300時間を越えていました。噂通りのブラックで、心身ともに初っ端から辛かったです」


関連記事:サウナと水風呂で「我慢大会」のような訓示も 体をも蝕むブラック企業の恐怖

 

■子供に夢を与える職場に夢はなし

当初は月6千円だった収入もわずかに上がったものの、まっとうに生活できる金額ではなかったようだ。

「私の描いていた作品は子供に夢を与える代表のような作品ばかりでしたが、残念ながら現場は夢もなにもありませんでした。


半年経ちようやく6万程度稼げるようになるも、貯金を崩す生活は変わらず、社長に生活が厳しいことを相談すると、自分の生活水準を極端に下げる話ばかりされました。『スマホを解約してガラケーにしろ』とはよく言われました」

次ページ
■辞めるのにもひと苦労

この記事の画像(1枚)