しらべぇ

目黒5歳児虐待死事件はなぜ「殺人罪」でなく「保護責任者遺棄致死」? 弁護士が疑問に答える

傷害と保護責任者遺棄致死の併合罪で最長30年以下の懲役とのことだが…

社会

虐待

(Sasiistock/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

東京・目黒区で起きた両親による船戸結愛ちゃん(5)の虐待死事件。東京地検は27日、保護責任者遺棄致死の罪で、父親の無職雄大容疑者(33)と母親の無職優里容疑者(26)を起訴した。

この事件では、結愛ちゃん自身がひらがなで「もうおねがい ゆるしてください」などと書かれたノートが発見されたことや、児童相談所や病院に「パパにやられた」「パパ、ママ、いらん」「前のパパがいい」などと話していたことも波紋を拡げた。

 

■「殺人罪でない」に批判の声

無力な幼児に対する、血のつながっていない父と実の母による凶行。にもかかわらず、「殺人罪」ではなく「保護責任者遺棄致死罪」での起訴であることに対しては、批判の声も目立つ。

 

■量刑について弁護士の見解は?

今回の起訴内容とそれに対する批判の声について、しらべぇ取材班はレイ法律事務所の高橋知典弁護士に話を聞いた。

高橋弁護士:保護責任者遺棄致死罪は、刑法219条にて「傷害致死と比べて重い刑で処断する」とされています。このために、傷害致死罪の場合と同じく、刑は「3年以上20年以下の懲役」となります。 本件では、さらに、傷害罪も起訴されています。

 

この傷害罪は、全くの別件としての傷害罪ですから、保護責任者遺棄致死罪と傷害罪は併合罪に当たり、本件では結果的に最長30年以下の懲役ということになります。

 

■予想される量刑は?

今後、裁判を通して明らかになる情報もあるはずだが、現段階において裁判所が判断すると予想される量刑は、どれくらいなのだろうか。

高橋弁護士:日本における殺人事件の場合、量刑の多くは15年~10年程になることが多いのですが、本件のような保護責任者遺棄致死罪で、子供を虐待死させている場合には、量刑は13年~8年くらいとみることができます。

 

本件の場合には、連日の報道でかなりひどい状況だということが分かりますので、懲役10年を超える可能性があると考えられます。

 

■虐待死は殺人事件ではないのか?

それでも、最大の疑問は「なぜ殺人罪ではないのか?」「法律は、親が子供を殺す犯罪を軽く見ているのではないか?」ということだろう。それについても法的な見解を聞いてみたところ…

高橋弁護士:虐待死事件は、多くの場合には殺人事件ではなく保護責任者遺棄致死罪となるため、そのような気持ちになる方もいると思います。

 

私も実際にこうした事件の報道を見ると、他に頼ることもできず、この親の元に生まれてきてしまったという不運のうちに、命を終えてしまう子供がいると思うと、その親の無責任に対して強い憤りを感じます。

 

保護責任者遺棄致死罪は、例えば、薬物を飲んだ人が苦しみだしたのを、一緒に薬物を使っていた人が、「救急車を呼んだら自分も薬物の使用で捕まってしまう」と思って、そのまま逃げてしまい死なせてしまった…というような場合にも成立する罪です。

 

そうした意味では、「子供の虐待死についてはこれと分けて重く処罰する」など何らかの法整備が必要かもしれません。

 

司法や行政だけでなく、立法府がこうした問題に真剣に向き合うことが求められるだろう。

・合わせて読みたい→「両親はホテルへ」10時間放置された乳児死亡 「両親不起訴」に怒りと涙

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/レイ法律事務所高橋知典弁護士

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu