しらべぇ

世界と戦えること示した西野ジャパン W杯ベルギー戦は敗戦も歴代ベストゲーム

サッカー日本代表は2日、FIFAワールドカップ・ロシア大会の決勝トーナメント1戦目でベルギー代表に敗れた。

スポーツ

サッカー日本代表

(画像は昌子源公式ツイッターのスクリーンショット)

サッカー日本代表は2日、FIFAワールドカップ・ロシア大会のラウンド16・ベルギー代表戦に2−3で敗戦。2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を果たすも、目標のベスト8入りは逃した。

しかし優勝候補のベルギーを相手に2点を先行する大健闘を見せ、実力ではるかに劣る日本であっても組織力で十分に戦えることを証明するゲームとなった。

 

■前半はパーフェクトだった

ベルギー戦には、グループリーグ初戦および2戦目と同じスタメンで臨んだ日本。ポーランド戦で主力を休ませ、ベストメンバーをベストコンディションに保ったのは、紛れもなく西野朗監督の名采配だった。

しかし相手はFIFAランキング3位のベルギー。いくら日本がベストを尽くしたところで、圧倒的な地力の差があることは歴然だ。ロメロ・ルカク(マンチェスターU/イングランド)を筆頭に、スーパースターがずらりと並ぶ。

そんな強敵と対峙するに当たっては、試合前の展望記事でも触れたように「集中力の高い守備を90分続ける」ことが最も重要なポイントだった。

いざ試合が始まってみると、日本はこれを見事にピッチで表現。予想通りベルギーにボールを握られ、自陣でのプレー時間が多くなったが、人数をかけた丁寧な守備で相手に自由を与えなかった。

ルカクを始め、エデン・アザール(チェルシー/イングランド)やケビン・デブライネ(マンチェスターC/イングランド)といった「自由にさせたら一発でやられる」選手たちを、組織的な守備で見事に封じてみせたのだった。

日本はこの集中力を切らすことなく、0−0で前半を終えた。攻撃にも連動性を持たせており、内容としては完璧だったと言っていい。

 

■アザール「負けてもおかしくなかった」

いい流れで後半に入ると、日本は世界中に驚愕を与えることになる。48分、これまでにも数々のキラーパスで日本の攻撃を演出してきた柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)が、センターサークル内から右サイドのスペースへ絶妙なスルーパス。

反応した原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)が快足を飛ばして相手DFの裏でボールを受けると、迷わず右足を振り抜く。これがゴール左隅へと突き刺さり、日本に待望の先制点をもたらした。W杯の決勝トーナメントで日本が得点を挙げるのは、これが史上初。

さらに52分、相手のクリアボールを拾った香川真司(ドルトムント/ドイツ)から乾貴士(ベティス/スペイン)へパスが渡ると、ペナルティエリア手前の位置でおもむろに右足を一閃。

無回転のボールは、世界トップクラスのゴールキーパーの1人、ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)が必死で体を伸ばしてもノーチャンスと言える完璧なコースへ飛び、ネットを揺らした。

原口と乾という両翼の選手によるビューティフルゴール2連発で、なんと日本が2点を先行する展開に。これは世界を大いに驚かせ、とくに乾のゴールはスペインで「大空翼のようだ」と大絶賛された。

サッカーの世界では、「3点を取ればほぼ勝てる」と言われている。それほどに得点の入りにくいスポーツで、後半の時間帯での2点リードはかなりの有利だ。アザールも試合後、「負けてもおかしくなかった」と敗戦を覚悟した旨を語っている。

 

■この2点が微妙なズレを呼んだ

スコアは2−0となり、日本にとって初の8強入りが現実味を帯びてきた。しかし、それを選手たちも感じたのか、少しずつプレーに微妙な違いを生み始めた。

守備では、相手1人に対して複数人でつぶしに行っていた場面が多く見られていたが、次第に1対1の局面が増えていく。攻撃でも連動した動きが減り、展開力に欠ける足元へのパスが目立つようになった。

日本としては、0−0の気持ちで集中力高く守り続け、0−0の気持ちで貪欲に次の1点を奪いに行くべきだった。だが、幸先よく2点をリードしたことで、どこか深層心理的に油断のようなものが生まれたのかもしれない。

69分に喫した最初の失点はどうしようもなかった。ヤン・ベルトンゲン(トッテナム/イングランド)のヘッドは、クロスともシュートとも言えない、がむしゃらに頭に当てただけのボール。それがたまたま誰にも届かないコースへ飛び、たまたまゴールに入ってしまっただけのように見えた。

しかし、それまでに少しずつ狂い始めていた歯車は、明らかにこの1失点で完全に狂った。この後、74分に途中出場のマルアヌ・フェライニ(マンチェスターU/イングランド)に高さを生かされ同点ゴールを許し、アディショナルタイムにはカウンターからあっけなく失点してしまった。

 

■世界と戦えることは分かった

結果的には2−3で敗れ、ベスト16で大会を去ることになった日本。しかし、2点をリードしたところまでは完全にプラン通りのパーフェクトなゲーム展開だった。

個の能力で圧倒的に劣っていても、チームとして共通意識を明確に持ち組織力を生かせば、世界トップレベルの国が相手でも互角に渡り合えることを証明した形だ。

長年の課題である決定力不足も、連動したパスワークや柴崎が得意とするようなキラーパスを生かすことで打開できる。この大会で2ゴールを挙げた乾のようなタレントも台頭してきた。

このベルギー代表戦は、歴代の日本代表が繰り広げてきた数々の試合の中でもトップクラスの好ゲームだったと言っていい。

あとは「勝ち方」を知るだけだ。一発勝負のW杯決勝トーナメントで、日本はリードした状態を戦ったことが一度もなかった。2点リードという不慣れな状況が、選手から「いつも通り」を奪ってしまったのだ。

スコアにかかわらず「いつも通り」ができるかどうか。それはもう慣れる以外に方法はない。

 

■ハリルホジッチの功績を忘れてはいけない

前評判の恐ろしく低かった日本代表がここまでの結果を残せたのは、間違いなく西野監督の手腕によるものだ。本大会で中心的な活躍をした昌子源(鹿島アントラーズ)、柴崎、乾、香川の4名は、西野監督でなければ使われなかった可能性が高い。

しかし、このチームのベースを作ってきたのがヴァイッド・ハリルホジッチ前監督であるという事実も、決して忘れてはならない。縦へのスピード、デュエル(球際の攻防)といったことを口酸っぱく言ってきたのは他ならぬハリル氏だ。

アジア最終予選を勝ち抜き、日本を6大会連続の本大会出場へ導いたのもハリル氏。西野監督の功績はもちろん偉大なものだが、日本サッカーファンはハリル氏への感謝を一生忘れないだろう。

 

■4年後を見据えて

日本にとってのW杯は終了したが、ロシアではまだまだ熱戦が続いている。前回王者ドイツがまさかのグループリーグ敗退、決勝トーナメントでもアルゼンチン、ポルトガル、スペインが初戦で姿を消すなど、波乱の多い今大会。

今回のW杯でサッカーに興味を持たれた読者諸氏においては、ぜひこの後もW杯を楽しんでもらいたい。世界トップレベルのプレーを地上波で観戦できる滅多にないチャンスだ。日本が敗退したからと言って観なくなるのでは、あまりにももったいない。

そして、W杯の面白さに触れた後は、ぜひJリーグにも興味を持ってもらいたい。試合を観ると「こんなにレベルが低いのか」と驚くだろうが、「知らないところにこんないい選手がいたのか」という感動も必ずある。

Jリーグを観る人が増えれば、日本サッカーのレベルも間違いなく上がっていく。夕方のニュースで、大相撲とプロ野球の結果だけでなくJリーグの結果も放映されるほどにサッカー文化が根付く日が来れば、それは回りまわって日本がW杯で優勝できる日も近づくことになるのだ。

・合わせて読みたい→まさかの歴史的勝利で好発進のサッカー日本代表 セネガル戦はどう戦う?

(文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu