ノーパンがバレて仮面ライダーのブリーフに… 「過去の衝撃体験」4選

今は笑って話せるけど、当時は恥かしかったエピソード。

ライフ

2018/07/16 08:30

(Brand X Pictures/Stockbyte/Thinkstock)

生活の中で失敗はつきもの。毎日完璧にすごしている人は少ないはず。そこで「今は笑って話せるけど、恥ずかしかったエピソード」4つを紹介しよう。



 

①ノーパンがバレる

「小学生のころ、パンツをはいたままプールに入ったことがある。着替えのときに気付き濡れたパンツをその辺に隠してノーパンで過ごしていたら、先生にみんなの前で『このパンツ誰の?』って晒された。


それで私がノーパンってのがバレるし、代わりにはかされたのが仮面ライダーのブリーフパンツで、もう最悪だった」(30代・女性)


関連記事:休憩多くない? 非喫煙者から「勤務中の喫煙」に対して批判の声

 

②おならがブッ

「中学生のとき、仲のいい友達が実家に泊まりに来た翌朝のこと。なかなか起きない私に母親が『ちょっとあんた! 早く起きなさい』と言って私のお尻をペンッと叩いた瞬間、おならがブッと出たそう。


私は寝ぼけてて全く覚えてないけど、友達の笑い声で目が覚めた」(20代・女性)

次ページ
③パジャマの上に制服