猛暑で学生ボランティアから死者が? 東京オリンピックに不安相次ぐ

学生ボランティアから何人死者が出る? リアルに起こりそうな話で怖い…。

2018/07/17 14:30

(PraewBlackWhile/iStock/Thinkstock)

連日、うだるような暑さが続く日本。16日は岐阜県で39.3度を記録するなど、人間の平熱を軽く超えた気温になり、熱中症で搬送される人も各地で相次いだ。

本日17日も、多くの地点で猛暑日が続くと予想される中、ネット上では2年後に迫った東京五輪への不安の声が日に日に高まっているようだ。



 

■2年後には東京五輪だが…

オリンピック開催というのは、その国にとって特別な意味を持つ。我が国で夏季オリンピックが開催されるのは、1964年以来半世紀以上ぶりであり、開催が決まったときは喜んだ人も多いだろう。

だが、ここ数日のあまりの暑さにネット上では「アスリートだけでなく観客も我慢大会」「死者が出るレベル」など不安の声が続出。

https://twitter.com/Beriozka1917/status/1018469042603024384

たしかに、この暑さの中、スポーツをするのはかなり大変。良い記録を出すどころか、熱中症にならないための工夫がアスリートたちには求められているだろう。

また、一方では多くの参加が予想される「学生ボランティア」の健康を危惧する声もあり、「リアルに死者が出そう」「何人死ぬのやら」など、若い世代が搾取されることを恐れる人も多く見られる。


関連記事:連休の猛暑日、被災地は「危険」レベルに ネットでは心配の声が相次ぐ

 

■今さらだけど時期をズラすべき?

ネット民のなかには具体的な対策に言及する人もおり、例えば「時期をズラすべき」と考える人は少なくない。


■8月は日本人が「一番嫌いな月」

しらべぇ編集部では以前、全国の20代〜60代の男女1,357名を対象に「嫌いな月」について調査を実施。

結果、もっとも「嫌い」と答えた人が多かったのは、厳しい暑さが続く「8月」で23.6%。


7月24日に始まり、8月9日に終わる予定の東京オリンピック。もし今年レベルの暑さになれば、死者が出てしまう可能性はかなり高そうだが…。

・合わせて読みたい→ミスに怒り80周走るよう部員に命令→熱中症で救急搬送 大津市中学校顧問に怒りの声

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1.357名(有効回答数)

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

東京オリンピック真夏日猛暑日酷暑灼熱
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング