元グラドル・辰巳奈都子、現在の食費は月100万円 「どこのドンファンとご飯行ってる?」

『有田哲平の夢なら醒めないで』にグラビアで活躍した辰巳奈都子が登場。陣内智則も「どこのドンファンと?」と驚いた豪華な私生活を明かした…

辰巳奈都子
(画像は辰巳奈都子Instagramのスクリーンショット)

24日深夜放送『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に、元グラドル、現在は「高級グルメ専門」の料理研究家を目指しているという辰巳奈都子(30)が登場。

グラビアの仕事も激減、生活は困窮していると思いきや、辰巳の私生活は豪華そのもの。なぜそんな生活ができるのか、驚きの理由を明かし話題となっている。


 

■私生活は超豪華

現在、世田谷の高級マンションで一人暮らしという辰巳。月の最高食費は100万円、「食べたくなったら世界中どこへでも行く」ので、グルメのためだけに30回以上海外に渡っているとセレブ生活を明かす。

高級グルメ専門の料理研究家を目指しているとあって、自宅での料理も豪華。

ワタリガニやボタンエビを煮込んだチョッピーノ、ニース風サラダ、牛フィレ肉ステーキ・シャリアピンソースの3品、食材費だけで25,000円をかけた高級料理をふるまった。


 

■辰巳の後ろにドンファンの影

辰巳の私生活をのぞいた有田哲平(47)は「なんでそんな行けるの?」、陣内智則(44)は「どこのドンファンとご飯行ってるの?」と金銭面での疑問をぶつける。

辰巳は「グルメつながりの『優しくしてくれる方』がいる」と告白。食事や旅行にも1人で行っていると語るも周囲は一切信じず、質問は激化。

「お金だけ頂いているの?」と尋ねられた辰巳は「頂いているだけじゃない」と否定すると、有田は「ちゃんと身体で返してる」、岡田結実(18)は「ウィンウィン」と辰巳の背後に見え隠れする「パトロン」の存在をイジったが辰巳は強くは否定しなかった。

次ページ
■厳しい有田と視聴者

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ