隅田川花火大会を今年も中継! 台風予報に高橋真麻が「え?」と驚き

7月28日は平成最後の東京・隅田川花火大会。テレ東は今年も生中継を実施する。しかし、心配なのはお天気…

エンタメ

2018/07/26 11:30

2016年の隅田川花火大会
(2016年の隅田川花火大会 画像提供『独占生放送! 第41回隅田川花火大会』©テレビ東京)

江戸時代からの伝統を誇る『第41回隅田川花火大会』が28日に開催が予定されており、今年もテレビ東京が生中継で放送する。

今年の放送は、昨年に引き続いて司会を高橋英樹(74)と繁田美貴テレビ東京アナウンサーが務め、仲村トオル(52)、榊原郁恵(59)、片桐仁(44)、乃木坂46の生田絵梨花(21)と秋元真夏(24)、稲村亜美(22)、高橋真麻(36)らが出演する。


 

■台風の予報に高橋真麻が驚き

高橋真麻 高橋英樹 親子
(画像は高橋真麻 オフィシャルブログのスクリーンショット)

平成最後の隅田川花火大会となる今回は、2万発の花火が夜空に打ち上がる模様をヘリコプターや屋形船、スカイツリーなどから20台以上のカメラで完全生中継する。

しかし、心配なのは天気だ。気象庁によると、台風12号は27日に小笠原近海まで接近し、大会当日の28日から29日にかけて、本州に上陸して日本海へ抜けると予報している。

今回、グラウンド中継を担当する高橋真麻は25日、「え?どういうこと?」とタイトルをつけて自身のオフィシャルブログを更新。台風12号の進路予想図を載せて、「今年の中継は暑そうだね~ってみんなで話していたのに…」と驚きを綴っている。

真麻といえば、2013年の中継での『びしょ濡れハイテンション土砂降りレポート』が話題となり、また、昨年の中継もあいにく雨が降ったことから、想いがより一層強いのだろう。


 

■副音声にみうらじゅん&いとうせいこう

みうらじゅん いとうせいこう
(画像提供『独占生放送! 第41回隅田川花火大会』©テレビ東京)

本放送以外に密かな人気を集めている「副音声放送」は今年で4回目。今年は昨年に引き続きいとうせいこう(57)と、いとうの盟友であるみうらじゅん(60)が満を持して登場する。 

隅田川名物「花火コンクール」の作品タイトルや解説文からどんな花火が上がるか勝手に予想したり、花火中継のハプニングやウラ話をゆるーく紹介したりする予定だそう。

何にでも副音声をつける「副音サー」としても活動している二人は、隅田川花火の魅力をどう伝えるのか、花火以外の脱線トークも期待できるかも?

なお、当日の実施の可否は、花火大会の公式アカウントで午前8時に発表される予定となっている。

【独占生中継! 第41回隅田川花火大会】
放送日時:2018年7月28日(土)夜6:30~8:54
司会:高橋英樹、繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト:仲村トオル、榊原郁恵、片桐仁、生田絵梨花(乃木坂46)、秋元真夏(乃木坂46)、稲村亜美
第二会場:石原良純
スカイツリー:よゐこ、朝香りほ
リポート:高橋真麻
副音声解説:みうらじゅん、いとうせいこう
※荒天時番組変更あり

※27日午前11時現在、隅田川花火大会主催者から台風の影響により29日開催に順延の発表があり、同中継番組についても順延が発表された。それに伴い、一部出演者の変更もあるという。番組の詳細については、テレビ東京『独占生中継! 第41回隅田川花火大会』公式サイトおよび公式Twitterなどのチェックを。

・合わせて読みたい→舛添氏のせいで隅田川花火が中止に?常連が怒りの声

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ