経営者がこれじゃ… 「この会社はダメだな」と思った社長の容姿3選

周りの社員が呆れるファッションをする人も…。

(Electra-K-Vasileiadou/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

プライベートではどんなファッションをしても自由だが、仕事の場ではある程度のTPOは求められるもの。

だが中には、社長自らがおかしな容姿をして会社の評価を傷つけることも…。しらべぇ取材班は、「この会社はダメだな」と思った経営者の容姿を聞いてみた。

 

①容姿が派手

「31歳の女性が社長の会社でアルバイトしたことがあります。見た目は金髪でまつエクがびっしり、目がチカチカするような赤いドレスを当たり前に着ているような人でした。

 

私がやめたあとに、ある商品がきっかけで一気にのし上がって、六本木の一等地に大きな事務所をかまえたようですが、結局3年ももたずに倒産。社長がイタい会社は長続きしないんだなと思った」(20代・女性)

 

②スーツを絶対に着ない

「ベンチャー企業に入社したときに若い男性社長でしたが、スーツは絶対に着ずに、いつも私服にハットをかぶって、丸メガネをかけてサンダルで出勤しているような人でした。

 

別に社員の前だけだったらそれでもいいけれど、偉いお客さんに会うときでも媚びない自分がカッコいいとでも思っているのか、その格好で平気でいく。

 

仕事上で会うのに、ハットやサンダルなんて失礼にもほどがあるし、社員として恥ずかしさしかなかった」(20代・男性)

次ページ
③バブリーになった

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ