しらべぇ

今さら「知らない」って言いにくい! よく聞くけど意味がよくわからない言葉4選

忖度、僥倖…よく聞くけど意味がよくわからない言葉はかなり多い?

ライフ

(icenando/iStock/Thinkstock)

テレビやニュース、そして日常会話で使われる言葉の中には「よく聞くけれど、ちゃんと意味を知らない」ものもあるだろう。知らないと言いづらく、ごまかして流している人もいるのでは。

そんな、「意味がわからない」言葉をそのままにしている人はどれくらいいるのだろうか。

 

■「よく聞くけど意味がわからない」言葉も

しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,348名を対象にした意識調査では、全体で62.8%が「よく耳にするけどじつは意味がわかっていない言葉がある」と回答。

年代別で見ても、すべての世代の半数以上が「意味がわかっていない言葉」があると答えている。時代と共に新しい言葉が増えるため、いくつになっても「意味がわからない」と感じることがあるようだ。

 

■よく聞くけど意味がわからない言葉4選

意味がわからない言葉とはなんなのか。複数の人に意見を聞いてみた。

①忖度

「昨年流行した言葉ですけど、よく意味がわからない。辞書の通り『他人を慮って推し量ること』という意味なら、いい言葉に聞こえる。

 

でも、メディアで出てくるときは否定的な意味合いが強いですよね? 本当はどうなのか…」(30代・男性)

 

②僥倖

「将棋の藤井聡太七段が昨年試合後のインタビューで使っていた『僥倖』。文字で見ても、耳で聞いても、全然意味がわからなくって。

 

まだ中学生だった藤井七段は、どうしてこんな難しい言葉を知っていたのだろう…」(20代・女性)

 

③齟齬

「上司から齟齬があるといわれたのですが、恥ずかしながら意味がわからず…。そのまま机に戻って検索しました。

 

意見が食い違ってる、って言ってくれたらいいのに」(20代・男性)

 

④沽券

「『男の沽券に関わるんだ!』とかいうけど、いまいちピンとこない。なんとなく『プライド』と置き換えてる」(40代・女性)

 

昔から存在する日本語から「新語」まで、数多く存在している「よく聞くけど意味がわからない言葉」。

どういう意味だ…? と思った時に調べたり聞いたりして、正しい意味を知っておいたほうがいいかも。

・合わせて読みたい→何かを言っているようで言ってない!?【犯人は中肉中背】の意味を考える

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月29日
対象:全国20代~60代男女1,348名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu