ヒロシ、営業先で「賞味期限切れ弁当」出される 一発屋芸人の酷すぎる扱いに非難轟々

お笑いタレントのヒロシが、ブレイク時の月収を告白。その一方で、人気が低迷した際には酷い扱いも…。

ヒロシ
(画像はヒロシ公式Twitterのスクリーンショット)

「一発屋芸人」と呼ばれるお笑いタレントたち。「ヒロシです…」の自虐ネタでブレイクしたヒロシ(46)もそのひとりだ。

そんな彼が31日放送の『ありえへん∞世界SP 世界の衝撃事件&アノ芸能人は今…!』(テレビ東京系)に出演。人気が低迷した時期のエピソードを明かし、あまりにも酷い内容に怒りの声が相次いでいる。


 

■月収4,000万円から0円に…

15年前、「ヒロシです…」のネタでブレイクし、ピーク時の月収は4,000万円にものぼったというヒロシ。しかし、ブームが去った後は月収が0円になるまで転落してしまったのだそう。

「一発屋」のイメージがついてしまって以降、世間からの風当たりは厳しくなり、一発屋芸人への扱いの酷さも散々味わってきそうで…

「普通タレントさんだったら、控室にマネージャーの分も弁当があって、お茶とかも大体置いてあるじゃないですか。でも、髭男爵と僕の3人で営業の仕事に行ったときは、ペットボトルが1本だけ…。あとは、賞味期限切れの弁当が置いてあったり」


と、こうした経験から極度の人間不信に陥ってしまったという。


 

■「芸能界怖い」「失礼すぎる」と怒りの声

ヒロシからの告白に、視聴者は騒然。人気が低迷していた時期とはいえ、あまりにも酷い扱いに怒りの声が相次いでいる。

https://twitter.com/ichiyu18gmailc1/status/1024260766520602624

「芸能界怖い」といった声や、「その失礼な営業先を公表すべき」など、強い怒りを滲ませるユーザーも。

次ページ
■ある仕事を始めて「月収80万円」に

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ