高須克弥院長、山根会長に「すごいキャラ」と絶句 「悪代官みたい」と共感の声も

日本ボクシング連盟の山根明会長に、高須克弥院長も絶句した。

高須克弥
(画像は高須克弥公式twitterのスクリーンショット)

日本ボクシング連盟による助成金流用や不正判定疑惑など、渦中にある山根明会長(78)が、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。テレビに映るその姿について、「高須クリニック」の高須克弥院長(73)がツイッターで言及し話題になっている。


 

■騒動を謝罪するも会長辞任を否定

予定時刻より約40分遅れての出演となった山根会長は、番組冒頭で今回の騒動について謝罪。「連盟の会長として、このような騒ぎが起きたことに対して責任を感じています」と話した。

番組MCを務める加藤浩次(49)からの、告発状の内容などの質問を受けるなどしながら、自身の見解を主張。日本ボクシング連盟が認めた不正流用については、「流用ではありません」と否定した。

そして最後に、「この問題で進退ということは考えていません。連盟は何の落ち度もありません」と、会長職を辞任しないつもりだと述べている。


 

■朝からエキサイトする高須院長

山根会長の番組出演を受け、漫画家の西原理恵子氏(53)がツイッターを更新。「『そこだ! もっとやれコラ』朝からめちゃくちゃエキサイトしてるかっちゃん」との文面を添え、パートナーである高須院長が『スッキリ』を視聴する写真をアップした。

高須院長は西原氏のツイートをリツイートする形で、自身のツイッターでは、「山根会長、すごいキャラだ」とコメント。ほかにも、「40年前のかっちゃんのメガネ」「山根会長と同じ」などのツイートをするなど、山根会長いじりを行っている。

次ページ
■「悪代官みたい」とネット民も共感

あなたにオススメ