小林麻耶、事実上の引退を発表 「自分のために幸せになって」労いと感謝の声

先月結婚を報告した小林麻耶が、事実上の引退を表明

小林麻耶
(画像は小林麻耶公式ブログのスクリーンショット)

先月24日に結婚をしていたことを報告した、フリーアナウンサーの小林麻耶(39)。そんな彼女が、所属事務所との契約満了を持って芸能活動を引退することを表明した。



 

■いつも応援してくださっている皆様へ

小林アナは3日夜にブログを更新。「いつも応援してくださっている皆様へ」と題した記事にて、所属事務所であるセント・フォースとの契約満了を持って、芸能活動から離れることを表明した。

「私、小林麻耶は8月3日をもって 所属事務所(株)セント・フォースとの契約が終了致します。TBSを退社してから約9年間、どんな時も支え続けてきてくれた社長、マネージャーさん達に感謝しかありません。家族のようにほっとできる事務所でした。


突然の報告ではありますが、今後は大好きなメディアの仕事を離れ、全身全霊、家族のために日々たくさん働きたいと思います」


なお、公式ブログはこれまで同様「皆様と触れ合う場所にさせて下さい」と伝えている。


関連記事:小林麻耶が4歳下男性と結婚 「海老蔵じゃなかったの?」と落胆する声も

 

■11月11日に著書が発売

また、今年の11月11日には著書『しなくていいがまん』が発売される予定だという。

「尚、2018年11月11日に著書『しなくていいがまん』が発売される予定です。すべて書き終わっていたのですが…まさか、結婚するとは…まさか、退所するとは…全く想像もしていなかったことが起きたので今、書き直しをしている最中です。


出版社のサンマークさん、この場を借りてお詫び申し上げます」


ブログ記事の最後には「これまでテレビやラジオをはじめメディアで私に出逢ってくださった全ての皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました」と、感謝の言葉がつづられている。


■「自分のために幸せになって」

小林アナからの突然の報告に、インターネット上には衝撃が。これまで、様々な悲しみと戦いながらも、明るく華やかな笑顔を振りまいてくれら小林アナへ、引退を惜しむ声とともに、労いと感謝の声が寄せられている。

・ぶりっ子の嫌われ役も演じ切りバッシングにも耐え、麻央さんの看病、甥姪の世話、自身の体調不良と休業、そして麻央さんとのお別れ……。本当に満身創痍の全力疾走だったと思います。麻耶さんの今後の人生に幸多からんことを。小林麻耶 さん、お疲れ様でした


・誰が何と言おうと、小林麻耶がだいすきだった。ずっとずっとこれからも


・小林麻耶さん引退するんだね。「全身全霊、家族のために日々たくさん働きたい」って、ありのままの今の気持ちなんだと思う。今まではツラいことが多かっただろうけど、今度は自分のための幸せが訪れるといいな


・自身の幸せを一番大事にしてほしい。ありがとう、お疲れ様でした!!


最愛の妹・小林麻央さんの死と向き合いながら、懸命に仕事を続けてきた小林アナ。人生のパートナーと、1人の女性として「幸せになってほしい」との声が目立つ。

事実上の芸能界引退となる小林アナ。大切な家族と幸せになってほしい。

・合わせて読みたい→市川海老蔵、小林麻央さんの「一年祭」へ 小林麻耶のブログに心配の声も

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

この記事の画像(1枚)