人間関係悪化の原因にも… 「物やお金の貸し借り」には要注意

友達や家族など、信用できる人との間でもトラブルは起きる。

お金が好き
(©ぱくたそ)

友人や知人と、物やお金の貸し借りをしたことはないだろうか。相手を信頼しているからこそできる行為だが、トラブルに繋がるケースも。


 

■人間関係が悪化?

しらべぇ編集部は全国の20代〜60代の男女1,666名を対象に「人間関係」について調査したところ、20.9%の人が「貸し借りで人間関係が悪化した」と回答。

sirabee20180621kasikari01

ときには今まで築いてきた信頼が、一気になくなってしまうこともある。そこで、経験者に「お金や物の貸し借り」で起きた問題について聞いてみることに。


 

■お金のトラブル例

「友達に貸してた1万円を返してもらうために自宅へ。事前に行くって伝えてあったのに、千円札と小銭で返されたことにびっくり。気が利かない人だな〜と思った」(30代・男性)


「好意をもっていた男性と連絡をとるようになって、そろそろ告白? と思っていたときのこと。急に電話がきたからテンション上がってたけど『200万円貸して。来月返すから』って言われた。


かなりの金額だったので、来月ちゃんと返してくれるとは思えないし、一気に気持ちが冷めてしまった」(20代・女性)


■物でのトラブル例

「好きなアーティストのCDを1週間貸すことに。返ってきたらケースにヒビが入った状態で返ってきたので、超ショック。ごめんねってお菓子を買ってきてくれたので、責められなかったけど…」(20代・女性)


「学生時代に、爪磨きを友達に貸したときのこと。1回使うだけで、すぐに返ってくるかと思いきや1ヶ月くらい返ってこなかった。やっと返ってきたと思ったら、使用感たっぷりの状態になって返ってきたのでびっくり。その人を見る目が変わった」(20代・女性)


「高校時代の後輩にヒールを貸したら、返ってこなかったことがある。何度か連絡したんだけど『あと1週間!』とか言って1ヶ月経っている。もう諦めて後輩の連絡先も消した」(20代・女性)


とくにお金はトラブルに繋がりやすい。もちろん「きちんと返ってくる」と信じたい気持ちもわかるが、物やお金を貸すときは万が一を覚悟したほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→友達からお金を借りる人の許せない行動 旅行やショッピングで散財も

(文/しらべぇ編集部・鎌田 真悠子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年6月19日〜2015年6月22日
対象:全国20代〜60代の男女1,666名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ