美容院で「かゆいところないですか?」と聞かれた時のトラブル3選

かゆいところを聞かれたときにトラブルになるケースもあるようだ。

シャンプー
(dolgachov/iStock/Thinkstock)

美容院でシャンプーされたときに聞かれる「かゆいところないですか?」。なにげないやりとりでも、返答の仕方ひとつで、気まずい思いをする人もいるようだ。

しらべぇ取材班は、美容院で「かゆいところないですか?」と聞かれた時のトラブルを調査してみた。



 

①流し忘れてても言えない…

「髪を洗って完了するときに、新人アシスタントの子だったのか、襟足を流し忘れられていました。


でもお湯で流されているときに、そろそろ終わる雰囲気で『気持ち悪いところやかゆいところないですか?』と聞かれたんですが、『大丈夫です』と言ってしまった自分がいました…。


席を起こされた後に流し忘れに気づいてもらい、謝罪されながら再度洗ってもらえましたが、『私も気づかなかったです』と言いましたね。気を遣って意外と言えないです…」(20代・女性)


関連記事:いきなりガクッと… 人混みで前の人のかかとを踏んでしまった体験談

 

②言っても声が届かない

「『かゆいところないですか?』と聞かれたときに、ふざけて『背中がかゆいです』と言いました。


でもシャワーの音があったり、顔にガーゼみたいなのがかけられて声がくぐもっていたりで、美容師さんには届かず…。華麗にスルーされたことがあります。


無視されたとたんに自分が言ったことが恥ずかしくなって、ガーゼの下では顔が真っ赤になってたと思います。これ以降は『ないです』としか言わなくなりましたね」(20代・男性)

次ページ
③若いアシスタント&中年男性

この記事の画像(2枚)