ドラマや映画に欠かせない子役俳優 その仕事は自らの意思か親のエゴなのか?

親は子供が嫌がってるのに気がついているのか?

子役
(Tsuyoshi_Kaneko/iStock/Thinkstock)

日本では子役が話題になることが多く、テレビ業界ではなくてもキッズファッションモデルとして、ミュージカルでも熾烈な親・子役同士の場の奪い合いが起きています。

そんな子役たちは、本人の意思で仕事をしているのでしょうか?


 

◾️親のやらせたいという思いが強い

子役という定義に明確なものはありませんが、5歳くらいから12歳(中学校前)を子役と呼ぶことが多くなっています。

これくらいの年齢というのはまだ自分の明確な判断力というものはなく、親の言葉が正しいと判断しているものです。ですので、その本人が完全に自分の意思でやっているかという部分についての判定は難しいものがあります。

私の経験では、子役の親御さんが自分が果たせなかった夢を自分の子供に託すというパターンも多く見てきました。


 

◾️子供が嫌がっている場合もある

物事の分別がつかない子供は親が言うことを受け入れます。というよりも、「それが正しい世界だ」「うちはそういう家だ」と感じていますので、思春期を迎えるまではそれを否定しません。

爆笑問題の太田さんの言葉で「子役は大成しない」というものがありますが、私が考えるに、自分でも嫌かやりたいかをわかっていない子供が他の夢が次第にでてきたり、親のエゴをなんとなく感じた時にテンションが下がってしまうのでしょう。

次ページ
◾️嫌でもやらせるのが正解なのか?

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ