パンサー尾形、小岩でブチギレされまくり心折れる 「40歳過ぎて怒られたくない」と涙目

『ディープな街で昼から何してる?』でパンサー・尾形貴弘が江戸川区小岩で街行く人にインタビューした結果…

パンサー・尾形

東京最東端、千葉県との県境に位置する東京屈指のディープスポット・江戸川区小岩。13日深夜放送『ディープな街で昼から何している?』(テレビ朝日系)では、パンサー・尾形貴弘(41)がそんな小岩でインタビューを敢行。

話しかけるだけで激ギレされまくった尾形の姿に、視聴者からも驚きの声が漏れている。


 

■センベロの街・小岩

タイトル通り、「ディープな街で『昼から何してるんだろう?』という人に直撃取材する」同番組。前回はアンガールズ・田中卓志(42)が江東区亀戸で衝撃的な人々との対話に挑戦した。

今回、尾形が訪れたのは1000円でベロベロになるまで飲める、いわゆる「センベロ」の街としても有名な小岩。駅前には平日昼から酒を飲み、たむろする人々でごった返している。

尾形は早速気になった高齢男性2人組に話しかけるも、声を掛けるや否や男性らは「何もいらない。帰れ」と一喝。話を聞こうと必死に食い下がる尾形だが「テレビは、切り取ってへんなとこだけ映すから」と取材拒否。

最終的には「アンタ地元か? 小岩の人間か? やめろや」とヒートアップしていき、尾形も退散を余儀なくされた。


関連記事:『報道ステーション』台風中継に女性が乱入 妨害行為が「怖すぎる」と騒然

 

■追い込みをかけられる尾形

いきなり激怒され「ブチギレられた」とへこむ尾形だが、続いて駅前に座り酒を飲む男女に声を掛ける。

最初はいぶかしんでいた男性だが顔出しNGを条件にインタビューを承諾。話を聞くと男性は「ビール瓶の底でやられた」「腹を刺された」などなぜか武勇伝を連発し始める。

「ヤクザに追い込みかけられている」という男性から「あんた(自分のことを)チクったら、追い込みかけるから」と逆に詰め寄られた尾形は「チクるわけないじゃないですか」と怯えながら、「お父さんの生きざまカッコいい」と機嫌を取りつつその場を後にした。

次ページ
■カオスな展開に疲れ

あなたにオススメ