キムタクとマツコの餃子の食べ方がヤバすぎる 「病院に行ったほうがいい」の声も

『ホンマでっか!?TV』で木村拓哉とマツコ・デラックスがこだわりの餃子の食べ方を披露した。

餃子
(seaonweb/iStock/Thinkstock)

22日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に木村拓哉が出演。餃子の食べ方に対するこだわりが強すぎると話題になっている。

 

■餃子のタレはベチョベチョに

出演者らのこだわりを議論する「どっち派討論会!」の企画で、餃子のタレを「普通につける派」か「べちょべちょにつける派」のどちらか議論する一幕が。

ベチョベチョ派の木村は「恥ずかしいんですけど…」と切り出し、こだわりの食べ方を披露する。プライベートで餃子を食べる際には、餃子に穴を開け、その穴の面をタレにつけ、軽く押して肉汁を出してタレを餃子内に染み込ませて食べるという。

 

■「病院に行ったほうがいい」

すると、同じくベチョベチョ派のマツコ・デラックスは、「私、もっとヒドイ」とコメント。マツコ流の食べ方は、まず餃子をひとかじりして、噛んだ部分から大量にタレを流し込んで食べるというもの。これにはスタジオからも「うっわ〜」と悲鳴が。

これを見たベチョベチョ派の明石家さんまは、「思ってたよりベチョベチョや…」とドン引きし、「普通につける派」に意見を変える。しかし、さんまも餃子に穴を開けて食べていることが判明すると、ブラックマヨネーズ・小杉竜一から「餃子に穴を開ける時点で3人とも病院に行ったほうがいいんちゃいます?」とツッコまれていた。 

 

次ページ
■ネット上では賛否相次ぐ

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ