恨みは消えない…?  「親に夢をつぶされた人」の末路エピソード3選

親に夢を反対されて諦めなくてはならなかった人も…。

新しいことを始める
(©ぱくたそ)

親としては子供があまりにも無謀な夢を抱いていたら、心配して止めたくなるもの。しかし良かれと思いとった行動が、結果として子供から恨まれることも…。

しらべぇ取材班は、親に夢をつぶされた経験がある人々に話しを聞いてみた。

 

①留学を認めない

「留学して本場で英語を学ぶのが夢で、高校時代からバイトをして自分でお金を貯めていました。大学時代にやっとしっかりとした金額がまとまり、1年休学しての留学を決意。

 

しかし行くことが決まった途端に親が『危ないからダメ』と猛反対。当時、未成年だったため親の許可なしに行くこともできず泣く泣く諦めました。

 

その後、就職して社会人になったらもちろん行ける時間もなく…。同期に留学して英語をしゃべれて仕事を任されている人がいるんですが、その人を見ると『俺もあのとき行っていたら』と思ってしまう」(20代・男性)

 

②勝手に辞退の連絡をされる

「若い頃に、芸能人に憧れていたことがあってオーディションを受けたら最終選考までいきました。親も受からないと思っていたようで最初は気にもしていませんでしたが、いざここまでいったら反対しだし、勝手に辞退の連絡を…。

 

その後、オーディションに受かった子は、いまや大活躍。かたや私はただの月給手取り16万円の事務員。

 

そのまま続けていても受かったかはわからないけれど、気持ち的に納得できないのが本音ですね。親を恨んでしまう部分は少なからずある」(20代・女性)

次ページ
③もしも結婚していたら…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ