『24時間テレビ』下半身露出の放送事故 鈴木奈々も「胸がもろ見え」と騒然

『24時間テレビ』深夜に放送事故連発? 目が覚めるようなハプニングの連続に騒然

エンタメ

2018/08/26 13:30

ズボンを脱ぐ女性
(VladimirFLoyd/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

生放送では、予期せぬトラブルが発生してしまうことも…。

26日放送の『24時間テレビ』(日本テレビ系)内にて、女性出演者が突然穿いていたズボンを脱ぎだし、下半身が露出してしまう放送事故が発生。インターネット上が騒然となっている。


 

■森三中・大島美幸が突然脱ぐ

問題となっているのは、『しゃべくり007』(日本テレビ系)パートでの一幕。過去の放送で、モデルの鈴木奈々に「リアクション芸対決」で破れた森三中・大島美幸が、「足つぼマットの上で縄跳びを飛ぶ」というリベンジマッチを敢行した。

今回は、鈴木がライバル視している「NGなしアイドル」こと、SKE48・須田亜香里も参戦し、三つ巴の戦いに。

試合に入る前、鈴木が「これが邪魔、ちゃんと下に履いてるんで…」と、履いていたサロペットを脱ぎ、Tシャツとスパッツ姿になると、対抗心を燃やした大島が「私も」と、穿いていた黄色いゆったりとしたボトムスを脱ぎだした。

しかし、一緒に脱げてしまったのか、ズボンの下から「スパッツ」ではなく、とてもキワドイ映像が飛び込む事態に。

スタジオからは悲鳴があがり、応援に来ていた森三中の黒沢かずこ、村上知子らが「ダメー!」と叫びながら、大島のTシャツを引っ張り慌てて下半身を隠していた。


 

■「放送事故」「恥ずかしい」と騒然

インターネット上では、突然の放送事故に騒然。大島による「意図的なもの」である可能性が否定できず、「面白くない」など、否定的な意見も相次ぐ事態となっている。

https://twitter.com/gmkjtm/status/1033397801554599942

今回のパフォーマンスは、視聴者にはあまり良い印象を持たれなかったようだ。

次ページ
■熱湯風呂で鈴木の胸が…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ