『バリバラ』が『24時間テレビ』の裏で皮肉 攻めた内容に「日テレ批判」が続出

『24時間テレビ』の裏で今年も『バリバラ』が放送される。ただの皮肉では終わらない問題提起の数々に、ネット上では称賛が相次ぐ。

バリバラ
(画像は『バリバラ』番組公式Twitterのスクリーンショット)

障害者のための情報バラエティー『バリバラ』(NHK・Eテレ)が25日に生放送でオンエアされた。

「障害者はテレビを救う」をテーマに掲げた内容が、裏で放送している『24時間テレビ』(日本テレビ系)への皮肉だと話題になっている。


 

■テレビに「おいてけぼり」の現実

番組では、知的障害者、視覚障害者、聴覚障害者たちがそれぞれ、テレビに「おいてけぼり」にされた瞬間を語り、「脱おいてけぼり」になるにはどうすればいいかを考える内容を放送。

手話に対応した放送が1日あたり30分ほどしかないことや、手話と日本語では文法が違うため混乱してしまうこと、字幕の流れが早すぎるため追いつかないことなど、見る番組が限られてしまうなどの悩みが寄せられる。

番組では生放送にも関わらず、手話や副音声での音声解説、わかりやすい日本語に直した字幕が入るなど、誰でも楽しめる工夫が凝らされていた。

一方、『バリバラ』と同様にさまざまな障害者が出演する『24時間テレビ』だが、入るのは高速で流れるテレビの字幕のみ。聴覚が不自由な人にとっては、けっして優しい番組とはいえない。もちろん、手話による解説もない。


 

■「攻め続けてほしい」の声

『バリバラ』で掲げられた「障害者はテレビを救う」というテーマや、出演者たちが黄色いTシャツを着用していることなど、『24時間テレビ』を意識していることは間違いないだろう。

ネット上では「今年も攻めてる」「さすがNHK」との声が相次いだ。


■問題提起に「24時間テレビは見習うべき」

また、障害者たちもテレビを楽しめるようにしようという試みなど、ただのパロディでは終わらない問題提起の数々に、「今まで気づかなかった」「24時間テレビはバリバラを見習うべき」と称賛の声が相次いでいる。


『24時間テレビ』の売りともいえる「感動」だが、障害者の中には肝心の内容が理解できていない人もいる。一体、誰のための番組なのか、『バリバラ』が視聴者たちに気づかせたものは大きいだろう。

・合わせて読みたい→キムタクとマツコの餃子の食べ方がヤバすぎる 「病院に行ったほうがいい」の声も

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ