「♪バーニラ、バニラ…」 繁華街で流れるあの歌を口ずさんでしまった割合は…

繁華街などでよく流れているため、「子供が覚えてしまって困る」という声も。

オトナ

2018/08/27 07:30

ソフトクリーム

「バニラ」といえば、アイスクリームやスイーツの定番フレーバーだが、繁華街などである歌を聞いたことがある人は、ちょっと異なる印象を覚えるかもしれない。

街なかを走る広告用の電飾トラックから、「♪バーニラ、バニラ、バニラで求人…」というコマーシャルソングが、しつこいくらい繰り返し流されているのだ。


 

■風俗・水商売向けの求人サイト

この会社は、歌の中でも「高収入」をうたっているが、女性向けの風俗業や水商売などの仕事を探すサイト。広告は、トラックや歌にとどまらず、繁華街や駅前などで巨大な看板を目にすることもある。

非常に覚えやすい歌であるため、子供が覚えてしまって親を困らせたり、周囲がギョッとするケースもあるようだ。


関連記事:風俗や不倫など危ない香りがするものにも…好奇心旺盛な人たち

 

■1割弱が「口ずさんだ経験あり」

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の男女1,357名を対象に調査したところ、「♪バーニラ」の歌を口ずさんでしまった経験者は、全体の8.7%。

バーニラ

東京(10.6%)や大阪(11.2%)の大都市では平均を上回ったほか、札幌すすきのの繁華街が有名な北海道(10.5%)、中洲が人気の福岡(12.8%)でも比較的高い割合となった。


■ターゲットより「お客さん層」が?

ところが、この8.7%を男女・年代別で見てみると、興味深いことがわかる。

バーニラ

おそらく風俗・水商売のお店がもっとも欲しいターゲットであろう20代女性は、11.3%が口ずさんだ経験あり。女性は年齢が上がるごとに一気に割合が下がっていき、「広告としてうまくいっている」と言ってよさそうだ。

ところが、じつは女性以上にこの歌が刺さってしまっているのは男性たち。中でも30代男性は16.3%、40代男性は12.2%がついつい歌ってしまっているようだ。働く女性よりも、むしろお店のお客さん層に愛されていると言えるかもしれない。

・合わせて読みたい→いきなりガクッと… 人混みで前の人のかかとを踏んでしまった体験談

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,357名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ