さくらももこさんが乳がんで死去 西城秀樹さんへの追悼コメントが話題に

『ちびまる子ちゃん』『コジコジ』で知られる漫画家・さくらももこさんが乳がんで亡くなっていたことがわかった。53歳だった。

(さくら先生自画像:(C)M.S)

『ちびまる子ちゃん』や『コジコジ』で知られる漫画家のさくらももこさんが、8月15日の午後8時29分に乳がんで亡くなっていたことがわかった。53歳だった。

 

■作品を描くこと、楽しんでもらうことに感謝

1984年に漫画家としてデビューしたさくらさん。30周年を迎えた際には、「30年間、良い事も悪い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません」と語っていた。

さくらプロダクションのスタッフによれば、さくらさんは作品を描けること、それを楽しんでもらうことをいつも感謝していたという。

なお、通夜と告別式は遺族の意向により、親族や近親者のみによって執り行われたとのこと。

 

■訃報に悲しみの声

(ちびまる子ちゃん原画イラスト:(C)M.S)

子供の頃にさくらさんの作品に触れ、大人になった今は子供と一緒に親子で観ているという人も多いだろう。また、少し毒の効いたエッセイを楽しんでいた人も少なくないはずだ。

さくらさんの訃報を受け、ネット上では悲しむ声が相次いだ。

 

■西城秀樹さんへの追悼文

『ちびまる子ちゃん』といえば、さくらさんも作詞を担当したアニメのエンディング曲『走れ正直者』を歌っている歌手・西城秀樹さんが今年5月に急性心不全で亡くなった

また、さくらさんといえば、西城さんが亡くなった際には自身の公式ブログで「私達の世代にとって秀樹さんは本当にスターでした」追悼のメッセージを送っていた。

3ヶ月前ということもあり、このときにはさくらさんもすでに乳がんの闘病をしていたかもしれない。ネット上では「闘病中だったのだろうか」「どんな気持ちだったのか」との声もあがっている。

https://twitter.com/F_Takatak/status/1034030080106721280

 

世代を問わず多くの人々に愛されたさくらさん。ご冥福を祈りたい。

・合わせて読みたい→西城秀樹さん死去に『ちびまる子ちゃん』ファン衝撃 「偶然の一致」に悲しみも

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ