しらべぇ

みやぞん密着カメラに映った、ファンの行動に騒然 「不快」「非常識すぎ」

密着番組では、多くのファンがみやぞんに声援を送る様子も収められていたのだが…

エンタメ

みやぞん

(画像は『24時間テレビ41』番組公式Twitterのスクリーンショット)

今年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)にて、史上初の24時間トライアスロンに挑んだ、ANZEN漫才のみやぞん。

感動のゴールから1夜明けた27日、過酷なチャレンジの舞台裏に迫る特別番組『みやぞん史上初の挑戦! 完全密着! 24時間トライアスロン』(日本テレビ系)が放送されたのだが、カメラに映り込んだ「沿道の人々の行動」が波紋を広げている。

 

■気温41.3℃の酷暑でも激走

番組では、25日正午からスタートしたみやぞんのトライアスロンに密着。

スイムを泳ぎきった後、強風に流されてしまった影響で肩を痛めていたことや、ランのスタート前に『イッテQ』メンバーから激励を受ける様子など、生放送ではオンエアされていない、様々な場面が放送された。

26日には、温度計が「41.3℃」の気温を示す炎天下の中を走る様子も。あまりの暑さゆえ、テレビカメラなど撮影機材に不具合が発生し、スタッフが氷で機材を冷やしながら撮影したシーンもあったという。

「大感動のゴール」へ向けて、みやぞんの状態と気温、ペース配分をみながら、坂本雄次トレーナーが休憩時間を随時調整。足の痛みが酷くなり、医師と相談したうえで痛み止めが投与されるシーンも映されていた。

 

■「痛み止めまで飲んで…」過酷な舞台裏に絶句

過酷を極めた2日目の様子に、視聴者は絶句。「痛み止めを飲ませてまで走らせる意味って…」と、企画の在り方を問うような意見が相次いであげられている。

時間内にゴールするため、痛み止めを飲み、危険なほどの暑さの中を無理して走らなくてはならない光景に、改めて疑問の声や、みやぞんの健康状態を心配する声が相次ぐ。

また、「来年からは企画を根本的に見直すべき」との声も少なくない。

 

■カメラが捉えた異様な光景に衝撃

インターネット上では、密着カメラに映り込んだ「沿道から声援を送る人々」の様子も話題に。

休憩所をはじめコースのいたるところには、みやぞんに声援を送ろうと詰めかけた大勢のファンの姿が。「みやぞん頑張れ!」と言いながら、多くの人が一斉にスマホで動画や写真を撮影していた様子が随所に映り込んでいた。

その異様とも言える光景に様々な意見があげられている。

その光景がただただ異様に感じた、という声が続出。「それは応援と言えるのか?」といった鋭い意見や、「画面越しではなく直接自分の目で見て応援するべき」といった声も。

「顔の前にスマホがあって、みやぞんからもみんなの顔が見えてないのでは?」といった声もあげられ、マナーの観点からの指摘や、「もったいない」といった意見などが相次いでいる。

 

■『24時間テレビ』は感動する?

しらべぇ編集部がツイッターユーザー1,136名に『24時間テレビ』について調査を実施したところ、「感動したことがある」と回答した人は15%という結果に。

「番組を観たことがない」が22%、「感動したことはない」と答えた人は63%にのぼった。毎年ランナーに過酷な挑戦を課す「24時間マラソン」には、「やる意味が分からない」「危ない」といった声も多く寄せられている。

目の前で何かが起こったとき、咄嗟にスマホで撮影をしてしまう衝動や、大好きな芸能人が目の前にいる光景を記録したいと思う気持ちに、共感する人は少なくないだろう。しかし、マナーや安全の観点などから、撮影を控えるべきシーンはわきまえておきたい。

・合わせて読みたい→『24時間テレビ』義足での登頂シーンに羽鳥慎一が激怒 その理由に称賛相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】方法:Twitter調査
調査期間:2018年8月22日〜8月23日/8月23日〜8月24日
対象:Twitterユーザー男女1,136名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu