強豪女子ソフト部監督が暴言で解任 「デブ」「死ね」発言に唖然

少年野球での暴力が話題になっているが、こちらの健大高崎の女子ソフト部も闇が深い。

社会

2018/08/29 16:30

バッターボックス
(33ft/iStock/Thinkstock)

今年の全国高校総合体育大会で8強入りするなど、強豪校として知られる高崎健康福祉大高崎高の女子ソフトボール部で、男性監督(43)が複数の部員への暴言を理由に解任されていたことが判明。

あまりに酷いその内容に、ネットでは怒りと呆れの声が噴出している。


 

■インスタ使って「死ね」「デブ」「ばか」

報道によると、問題が発生したのは今年8月中旬。部内で使用が禁止されている「インスタグラム」を部員が使ったことに監督が激高し、部員の女子生徒らに対して複数回、「死ね」「デブ」「ばか」などと怒鳴ったという。

監督はこれまでにも生徒の容姿や人格をけなす発言があり、学校側が繰り返し注意していたが、改善が見られず、今回解任された。


関連記事:少年野球の監督が小学生に鉄拳制裁 現場で撮影された「ひどすぎる体罰動画」が公開

 

■暴言に怒りと呆れの声

この報道に対し、ネット上では怒りと呆れの声が続出。

・またこんなバカがいるよ


・高校でもこんなことが起きてるなんて


・今のご時世、誰に何を言ったら、どのような指摘を受けるか……….わからないのでしょうか


・強豪校でこれなんだから、公立の中高での部活強制や内申書と部活を絡めるのは止めさせろ

次ページ
■監督による暴言・暴行問題が相次ぐ

あなたにオススメ