台風21号で「帰宅命令」が話題 「自宅待機にしろ」「時間を無駄にした」と怒りも

台風21号の影響で「帰宅命令」が出る会社員たち。午前中に命令が出て1時間で帰る人も…。

話題

2018/09/04 15:30

台風
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

台風21号が4日午後12時頃に徳島県の南部に上陸。非常に強い勢力を保ったままでの上陸は25年ぶりということもあり、その影響はすさまじい。

ツイッターや『Yahoo!リアルタイム検索』では「徳島県南部」「避難勧告」といったワードがトレンド入りする他、「帰宅命令」「帰宅指示」といった学生や社会人たちのつぶやきも話題になっている。



 

■「帰宅命令出た!」「ブラックすぎる」

台風の影響もあり、臨時休業をする店は少なくないようだ。

また、会社員からは午前中に帰宅命令が出たという声や、午後イチで帰宅できたという声も。


しかし、一方で台風でも関係なく出社して働いているという声も見受けられた。「どうして帰れないんだ」「ブラックすぎる」という悲鳴があがっている。


関連記事:浜崎あゆみの「半端ない」どアップ写真 「リハ前、リハ後」の顔写真が違いすぎ

 

■「時間を無駄にした」「出勤する意味がわからない」の声も

帰宅命令が10時や11時に出た会社も珍しくないが、これについて「なんのために出社したんだ」「時間を無駄にした」と疑問の声もあがっている。

台風の影響で臨時休業や帰宅命令が出すことは予測できていたことであり、出社を経ての帰宅命令ではなく「自宅待機」にすべきではないかとの批判だ。出社したはいいが、その後交通機関が止まってしまうなどのトラブルや、交通機関に人が押し寄せることによって混雑し、帰宅できなくなる人が増えて「帰宅難民」と化してしまうとの懸念もある。


■台風直撃したら会社を休む?

しらべぇ既報のとおり、台風が直撃したら仕事を休むという人は3割ほど。多くの会社員は出社して働くことを選択している。

また、50代では4割近くが休むと回答しているが、20代では2割ほど。若い年代ほど「自分は働ける」という意志が強いか、「働かないと…」と出社のプレッシャーに負けているようだ。


地震や台風などのたびにトレンド入りする「帰宅命令」というワード。働き方改革への意識が強い昨今、業種にもよるが、リモートワークや臨時休業を思い切ってほしいものだ。

・合わせて読みたい→木村佳乃が『笑点』メンバーから公開セクハラ 「見ててキツイ」「最低」と批判殺到

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

この記事の画像(1枚)