『27時間テレビ』明石家さんま、食べ方めぐり大激論 関ジャニ村上の「紅しょうが論」もヤバイ

明石家さんまが『FNS27時間テレビ』の『ホンマでっか!?TV』のコーナーで手料理を披露。食のこだわりがスゴイ?

8日午後18時30分から『FNS27時間テレビ ~にほん人は何を食べてきたのか?~』(フジテレビ系)が放送される。

その中の企画『ホンマでっか!?TV』で、明石家さんまが「食」をテーマに、料理や討論をすることがわかった。


 

■さんまの手料理は美味しい?

(©フジテレビ)

「ホンマでっか!?レストラン」のコーナーでシェフを担当するさんまは、自らエプロンをつけてキッチンへ。テレビで手料理を振る舞うのはとても珍しいという。

「たけしさんと村上のせいで今回料理を作ることになった!」と恨み節を口にするさんまだが、自身の好物である「ごま油」を使ったこだわりの一品を調理していく。

普段は簡単な料理をする程度らしいが、私物の超貴重な包丁を紹介したり、斬新なフライパンさばきを披露したりとノリノリ。

完成した料理を関ジャニ∞の村上信五らがおそるおそる試食すると、「美味しい!」「ご飯がすすむ!」と高評価の声も。

しかし、中には「いや、しょっぱい!」という正直なコメントもあり、スタジオは言いたい放題のムードに。


 

■「牛丼の紅しょうが」で大激論

(©フジテレビ)

スタジオメンバーたちが熱く議論する「ホンマでっか!?どっち派討論会」では、村上とアンジャッシュの渡部建とギャル曽根がゲストとして出演。

村上から「牛丼に紅しょうがを普通にかける派か、たっぷりかける派か」と議題が投げかけられると、意外なほどに盛り上がる展開に。

「紅しょうがはホンマ大好き」と豪語するさんまは、はたして普通派か、たっぷり派か。牛丼の食べ方へのこだわりが強すぎる村上の驚きの「紅しょうが論」にも注目だ。


■「そば」をめぐってさんまと渡部が衝突

(©フジテレビ)

続いて、渡部からは「そばを食べるときはつゆに少しつける派か、たっぷりつける派か」という議題が。

そばのおいしさを本当に味わえるのはどちらの食べ方なのか、お笑い怪獣・さんまと芸能界のグルメ王・渡部が大激論する。

また、村上のそばの食べ方にも注目。それを見たさんまや渡部の反応はいかに。

そのほかにも、村上とギャル曽根のふたりが切っても切れない「日本人と魚」の関係を、魚の科学評論家の落合芳博先生、魚食文化評論家の上田勝彦先生、鰹節評論家の永松真依先生らと語り尽くす。


■食べているときが一番幸せ?

今年の『FNS27時間テレビ』のテーマでもある「食」。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,498名に食に対する意識調査を実施したところ、3人に1人が「食べているときが一番幸せ」と回答した。


「食」を楽しく、そして多角的に攻め『FNS27時間テレビ』の味を決める重要なスパイスの『ホンマでっか!?TV』。放送が待ち遠しい。

・合わせて読みたい→お茶出しを「男性社員がしてはいけない理由」とは… 先輩の一言に唖然

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,498名(有効回答数)

この記事の画像(5枚)

あなたにオススメ