安室奈美恵、マスコミの過剰取材に恐怖 壮絶な内容に「やりすぎ」と同情の声

9月16日に引退する安室奈美恵。公式サイトで、過熱するマスコミの取材に不満と恐怖を訴えた。

安室奈美恵
(画像は安室奈美恵公式Facebookのスクリーンショット)

9月16日に引退する歌手・安室奈美恵が11日、公式サイトに「お願い」としてマスコミ向けの文書を掲載。過熱するマスコミの取材に対して不満と恐怖を訴えた。



 

■「取材をするのは辞めて頂けないでしょうか…」

「16日の引退の日が近づくにつれ、 家族や関係スタッフの方々に連日取材が続いております」とつづった安室。

中には、強引に取材をしてくるマスコミもいるようで、沖縄の家族の自宅へと押しかけたり、姪を待ち伏せたりということもあり、「とても怖い思いをさせてしまっています」と訴える。また、スタッフに対しても連日、職場や携帯電話に取材の以来が殺到しているという。

この状況を踏まえ、安室は「私はこれ以上、家族を怖がらせたり、関係スタッフの方々に迷惑をかけたくありません…どうかお願いです…もう家族や関係スタッフの方々に取材をするのは辞めて頂けないでしょうか…どうかお願い致します…」と過度な取材を自粛するよう訴えた。


関連記事:イモト「安室ちゃんとの2ショット」公開せず 放送後の投稿が「泣ける」と称賛

 

■「安室ちゃんにこんなこと言わせちゃダメ」

投稿を受け、ツイッターや女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、「これはひどい」「やりすぎ」と取材するマスコミを批判する声が相次いだ。

「最後の最後ぐらいそっとしといてやれ」


「この人レベルになると引退も簡単には済まないんだね 姪っ子の待ち伏せとはやりすぎ」


「マスコミの皆様、安室ちゃんにこんなことを言わせないでください。最後は笑顔で送り出してあげたい。ほんと、辞めてください」


「有終の美を飾ってほしいのに、安室ちゃんにこんなこと言わせちゃダメよねぇ」


■安室奈美恵は一流のアーティスト?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の安室奈美恵を知っている男女1,216名に「安室奈美恵は一流のアーティストか」について意識調査をしたところ、「共感する」「理解はできる」と肯定派は8割にもおよんだ。

多くの人が認める一流アーティストだからこそ、「引退」に興味を抱く人は多い。過剰な取材も、それだけ安室に人気がある証拠ともいえる。


間もなくやってくる安室の引退日。はたして、取材の自粛を求める安室の願いは届くのだろうか。

・合わせて読みたい→安室奈美恵のメイク法を初公開! 「マネする」「骨格が違ったわ」歓喜と嘆きの声

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の安室奈美恵を知っている男女1216名(有効回答数)