元KARA・ハラが暴行騒動で5時間取り調べ その供述に「怪しい」の声も

ク・ハラと元恋人との間でトラブルが起こっている。

KARA・ク・ハラ

韓国の女性アイドルグループ「KARA」の元メンバー、ク・ハラ(27)が、元恋人とのトラブルをめぐり、警察の事情聴取を受けた。インターネット上では、様々な意見があがるなど話題になっている。



 

■元恋人A氏が警察に通報

今月13日、ハラの元恋人A氏が「ク・ハラから暴行を受けた」として警察に通報。そのあと、二人はメディアを通じて暴行証拠の写真・診断書などを公開して、各自の主張を訴えていた。

ハラは双方による暴行、A氏は一方的に暴行を受けたとするなど、両者の主張は対立。A氏は事件が発生して4日後、ハラは5日後に警察に出頭する運びとなったとのことだ。


関連記事:キムタクとマツコの餃子の食べ方がヤバすぎる 「病院に行ったほうがいい」の声も

 

■ハラの体に見られた傷あと

報道によると、ハラは18日午後3時に警察署に出頭。顔と首元に傷テープを貼っており、腕には青いアザができていたようだ。

ハラは、「誰が先に殴ったかの問題ではない。今後、警察で明らかにしなければならない問題」と、取り調べ前に取材陣の前でコメント。「(負傷などは)診断書に確認されている。取り調べに誠実に臨む」と話した。

そして取り調べを終えたハラが再び姿を現したのは、約5時間後の午後8時10分ごろ。取材陣からの「取り調べで何を話したのか」「疑惑を認めるか」などの質問には、最後まで終始無言で一貫したという。

次ページ
■「ハラの供述」を疑う声が相次ぐ