痴漢する男に「彼らの触る権利を社会は保証すべき」に大炎上 「国際問題レベル」の声も

18日に発売した『新潮45』に掲載された記事が目を疑うような内容。案の定炎上している。

話題

2018/09/20 07:30

女性専用車両
(AsianDream/iStock/Getty Images Plus)

発売中の『新潮45』(10月号)に掲載された記事が批判を集めている。

 

■LGBTカップルに「生産性がない」からはじまった

問題は7月に発売された月刊誌『新潮45』(8月号)で、自民党衆議院議員の杉田水脈氏の寄稿を掲載したことからはじまる。

LGBTカップルに「支援の度が過ぎる」「生産性がない」との主張をし、多数の批判を受けた。この批判を受けて、18日発売の10月号では「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題し、「見当はずれの大バッシング」と批判への反論を掲載。

また、教育研究者、文芸評論家、議員らによる杉田氏を擁護する寄稿を掲載している。

 

■痴漢する男は…

大きな批判を受けているのは、文藝評論家で一般社団法人日本平和学研究所理事長の小川榮太郎氏 。掲載された一部は…

「痴漢する男は制御不可能な脳由来の症状だから社会が保障すべきだ、触られる女のショックを思えというなら、LGBT様が論壇の大通りを歩く風景は私は死ぬほどショックだ、精神的苦痛の巨額の賠償金を払ってから口を利いてくれ」

 

この内容に対しては、著名な作家やライターからも批判の声が挙がっている。

 

■「国際問題レベル」「仮に誤読であっても…」

ネットでも「ただの偏見」「国際問題レベル」と批判が寄せられた。また、この文章を掲載している新潮社に疑問の声も。

「痴漢行為を社会は黙認しろと? これ、すっごい国際問題レベル」

 

「 頭おかしいんか? これを掲載する出版社も頭おかしいんか?」

 

「これが仮に誤読であっても「皮肉」であっても公に晒して良いコメントだとは思えない」

 

「ただの偏見にまみれた意見。権利とは便利な言葉だな こっちだって触らせない権利があるでしょうよ」

 

「娘のいる人はこれを読んで何とも思わないわけ? 新潮社は独身か男の息子しかいない社員ばかりなのかな? 」

 

「表現の自由は「倫理や法律の範囲内」でというのが前提になければ日本は無法地帯になってしまう。 」

 

■自社の批判コメントを大量リツイート

そんな中、新潮社が運営する公式SNSのアカウントのひとつ「新潮社出版部文芸」の公式ツイッターが注目を集めている。

普段は新刊の告知などをおこなっている平和なツイッターだが、『新潮45』が発売した18日以降、殺到する批判をリツイートしまくった。一時削除されたものの、すぐに自社への批判リツイートを再開。

社内からの抗議ともとれるこの動きに対して「がんばれ」「社内でつらい目に遭いませんように」と多くの応援コメントで溢れている。

小川榮太郎氏の持論には、論理が破綻していると感じる人が多いようだ。そして、新潮社の公式ツイッターの作業を行っている人には、周囲に臆することなく自分の意思を貫いてほしいと願う。

・合わせて読みたい→「待機児童なんか一人もいない」 自民党・杉田氏の発言に批判殺到

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ