バナナマン日村、16歳少女に淫行報道 まさかの事実に「性格悪い」と非難殺到

バナナマン・日村勇紀が16歳少女に淫行? 事態全容が明らかになり、週刊誌に批判の声も

FRIDAY

しらべぇでも既報のとおり、バナナマン・日村勇紀が、当時16歳だった少女と不適切な関係を持っていたことが、21日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で報じられた。

衝撃的な報道に妻・神田愛花を心配する声も相次いでいたが、一夜明けて事態は一変。記事の内容に、週刊誌への疑問の声が噴出する事態となっている。


 

■「16年前の出来事」だった

『FRIDAY』によると、日村が当時16歳だった少女と関係を持ったのは、今からおよそ16年前のこと。「彼の顔を見ると辛い過去を思い出してしまう」と語る現在32歳となった元少女が、同誌に証拠写真を持って事案を告発したというものだった。

およそ16年前、日村との交流は女性がファンレターを送ったことから始まったのだそう。女性は、当初「21歳の大学生」だと年齢を偽っていたそうだが、日村とメールのやり取りをする中で「本当は16歳」であることを告白。

すると日村は、「歳は関係ない、10代でもかまわない」と女性を受け入れていたという。


 

■手羽先屋で飲酒を勧められ、ホテルへ

日村が番組収録で女性が住む名古屋を訪れた際に2人は初対面を果たし、手羽先屋へ。その席で女性は日村から飲酒を勧められ、1時間ほどで近くのビジネスホテルへ向かったという。

部屋に入ると、日村から「一緒に寝ようよ」と誘われたという女性。大ファンである日村に嫌われたくないという思いから断ることができず、その日は避妊具も装着してもらえないまま、日村の要求に応じたのだそう。

その後、女性は東京に転居して日村の自宅に入り浸るようになるが、「セフレ」のような関係が続いたという。

記事内では、日村が女性との出来事について「ごめんなさい、わからないです。覚えてないです」と回答する、直撃取材の内容も詳細につづられている。

次ページ
■「どうして今なの?」と疑問が噴出

あなたにオススメ