ストーカー化しやすい構造も アイドルは身近なファンとの距離感をどう保っているのか

ライブ後にアイドルと一緒に帰るファンがいる?

ストーカー
(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

日本には1万人以上のアイドルがいます。すべてのアイドルがテレビなどの大きなメディアで活躍はしておらず、ほとんどは地域であったり、小さなライブ会場で活動しています。

そうなるとファンの数が10人程度なのも当たり前のことであって、お互いのことをよく知っている仲にならざるを得ません。

 

◾️ストーカーとファンとの境界線

アイドルとファンの関係が近くなると、メリットとデメリットが顕著に現れてきます。アイドル側からのメリットは毎回確実にイベントやライブに来てくれるので収入的にもある程度予測できるようになります。

デメリットは、「その太客をキープするにはある程度のプライベートを晒すことになる」という部分。どうしても長い間顔を合わせる関係になると、次第に「飽き」も生まれます。するとプライベートを徐々に晒すことが、必須になってきてしまうのです。

つまりはある意味で大手のアイドルとは違った、お互い一歩踏み込んだ関係になりますのでどうしてもそれを愛情だと勘違いしてしまい、気がつけばストーカー化しているという状況も十分にありえます。

 

◾️大手アイドルと小型アイドルの差は?

国民的といわれる大手の有名アイドルであっても固定客、なじみのファンというのはアイドル側も認識しています。マイナーなアイドルになるとさらにファンは身近にものになります。

例えば大手のアイドルではライブ後に出待ちがいたとしてもスタッフが管理し、多少の握手、サインタイムなどがあるにせよ、すぐに撤収します。

しかし、マイナーアイドルになるとライブやイベントの後に外で待っていたファンたちとそのままみんなで食事に行ったり、「電車の沿線が一緒なので一緒に帰る」というのもよくあることです。

次ページ
◾️距離感の保ち方もそのアイドルのスキル

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ