ザギトワ選手、贈呈された秋田犬マサルは「友達」 先住猫との縄張り争いも

女子フィギュアスケート世界女王のザギトワ選手の愛犬「マサル」にオリジアンルマットレスを贈呈!

エアウィーヴ

4日、寝具メーカー・エアウィーヴのイベントが行なわれ、女子フィギュアスケート世界女王のザギトワ選手の愛犬「マサル」に、オリジナルのエアウィーヴマットレスを贈呈した。


 

■犬用マットレス?

今年7月に行なわれたザ・アイス大阪公演で初めてザギトワ選手に会い、自身が犬を飼っていた経験から「マサル用にマットレスを作ってあげるのはどうか」と思いついたという高岡会長。

高岡会長

すぐに工場に指示し、1週間後の名古屋公演でプレゼントしたと話す。

しかし秋田犬の成長は早く、すでに22kg超えのマサルはマットレスからはみ出てしまっているとか。そこで今回、大幅にサイズアップしたものをプレゼントすることになったという。


関連記事:本田真凛選手、JALと所属契約に「違う気がする」と批判の声が相次ぐワケ

 

■まさかのマットレスにマーキング

マサル用マットレスを受け取ったザギトワ選手。じつは、最初のマットレスは「初めて寝たのはマサルではなく飼っている猫」だったと明かす。

ザキトワ選手

「マサルが飼育専門業者から帰ってきた時に、猫がマットレスを占領していて、縄張り争いがあったんです。結局マサルが勝ったんですが…領土をわかってもらうために、おしっこでマーキングをしてしまって。カバーを洗濯できて、本体もシャワーできれいに洗うことができたので、全く問題なく。便利なマットレスだなと思いました」と機能性をアピールする。

次ページ
■マサルは「友達」

この記事の画像(9枚)


あなたにオススメ