しらべぇ

有吉、生放送で後輩芸人に掴みかかりブチギレ 乃木坂・高山一実ドン引きも視聴者大爆笑

『オールスター後夜祭18』で司会の有吉弘行が後輩芸人・ハナコの3人に掴みかかり激怒。乃木坂46・高山一実はドン引きの表情を見せたが…

エンタメ

有吉弘行

芸能人が一堂に会すTBSの祭典『オールスター感謝祭』の終了後、『オールスター後夜祭』が6日深夜に2度目の生放送をスタートした。

番組中、司会の有吉弘行(44)が後輩芸人・ハナコの3人に掴みかかり怒りを露わに。視聴者を騒然とさせている。

 

■有吉、ハナコにブチギレ

春も放送され好評を博した『後夜祭』。この日も直前に放送された本家『感謝祭』のセットを流用し、本家出場芸人に加え新たに126人の芸人が集結。司会は有吉と乃木坂46・高山一実(24)が務めた。

『後夜祭』独特のクイズで盛り上がる中、番組開始から約30分後に事件は起きる。CM明け、『キングオブコント2018』優勝のトリオ・ハナコの3人に突然有吉が掴みかかり、怒りを露わにしたのだ。

ハナコは平謝り、周囲や高山は必死に有吉を止め事態は収束。司会席に戻った有吉はその後も、謝り続けるハナコを鋭く睨みつけた。

 

■伝説のシーンをパロディ

ブチギレした有吉に高山は驚き、ドン引きした表情を見せていたが、それも恐らくは芝居。その後、有吉もハナコも、芸人たちも笑いながら番組は再開する。

ここまでの一連の流れはもちろん、2009年の第37回『感謝祭』を再現したもの。司会を務めていた島田紳助が、生放送中にも関わらず「挨拶がなかった」ことを理由に東京03に詰め寄り恫喝したシーンをオマージュしたのだ。

有吉は以前から「恫喝パロディ」をするチャンスを逃してきたことを公言している。東京03はその年『KOC』に優勝したトリオという点でもハナコと共通点があり、それも含めて完璧なパロディを披露、ついに悲願を達成した。

 

■視聴者は爆笑

盛り上がった『後夜祭』に視聴者は「面白すぎて寝れない」と嬉しい悲鳴。そしてやはり、一連の「島田紳助恫喝パロディ」は特に楽しめたようだ。

芸能史屈指の放送事故とも言えよう島田紳助の恫喝事件だが、すでに10年近く前のこと。「CM中に何があったんだよ」「ガチギレしててビックリ」など本気で心配する、当時を知らない若い視聴者も多かった。

 

■マジギレする一幕も…

これはあくまでもパロディでの恫喝だったものの、その後、有吉が本気で怒りの表情をのぞかせたシーンもあった。それは、大型の体重計に芸人が乗り、1分間で1トンピッタリにするチャレンジ企画でのことだ。

テレビに映りたい芸人らが殺到した結果、1度目は失敗、2度目の挑戦の際に重さを表示するモニターがエラー表示に。全員に体重計から降りるよう指示するも興奮する芸人らはなかなか降りず、「小学生じゃないんだから」と怒りを滲ませ始める有吉。

それでも体重計に安田大サーカス・クロちゃんが乗り続けていたため、「乗るんじゃない」と蹴りを入れる。事態を飲み込めないクロちゃんは「なんで?」と驚きながら有吉に食らいつき続け、最後はカンペで頭をはたかれた。

 

■次回にも期待

ハプニングと、事態を飲み込めないクロちゃん、言うことを聞かない芸人らにこの時ばかりは有吉も本気でイラついていたようだ。

しかし、これらも含めて生放送ならではの面白さなのは間違いない。本家より楽しんだ視聴者も多かった『後夜祭』。次回『感謝祭』に合わせて放送されるだろう延長戦を、お笑いファンは本家以上に期待している。

・合わせて読みたい→出来ちゃった夏目三久アナ 『有吉反省会』への出演希望の声殺到

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu