社内が寒すぎる「エアハラ」問題 「ハラスメントなの?」と疑問の声も

自分にとっては「寒い!」、あの人にとっては「暑い!」エアコンの設定温度の問題を「エアハラ」と呼ぶようです

話題

2018/10/17 11:30

寒がる女性
(©ぱくたそ)

セクハラ、パワハラ以外にも、グルハラ、スメハラ、ヌーハラなど…、定着したものから認識されていないものまで、続々誕生している「ハラスメント」の種類。

猛暑つづきだった今年の夏から「エアハラ」という言葉を目にするようになった。涼しさを感じるようになり、季節の変わり目である現在もまた取り上げられている。



 

■夏から見かけるワード「エアハラ」

正式名称は「エアー・ハラスメント」。主にエアコンの温度設定によってのハラスメントのこと(体調不良を引き起こす)ことをいうらしい。

猛暑だった今年の夏には、設定温度が高すぎることで熱中症リスクが上がってしまうと、専門家たちは呼びかけをしていた。

これは、クールビズの期間は政府が「室温28℃」を提唱しているが、「空調設定温度28℃」に設定するものと誤解している人が多いことから、改めて注意喚起をしていたようだ。

エアコンの温度設定をめぐり、体調をはじめ人間関係にも影響があり、うつ病になってしまうおそれもある…というが、一体どういうことなのだろうか。


関連記事:NHK、生放送中の女子アナの行動に騒然 「苦情言わないであげて」の声相次ぐ

 

■冷えた空間は内臓の冷え、むくみの原因

10月中旬に差しかかり、朝晩の冷え込みや激しい気温の変化でようやく「本格的な秋」と報じられている。風邪をひきやすい季節の変わり目は、エアコンの設定温度が低いことで体調を崩しやすく、内臓が冷えてしまうこともあるという。

内臓の冷えは、腸の動きが鈍くなり便秘がちになるほか、血管が収縮することにより、肩こりや頭痛などを引き起こすおそれもある。また、冷え性の場合、老廃物や水分が体内に滞りやすく、むくみの原因にもなる。

次ページ
■うつ病になるおそれ、とは…