女性のATMになるなら独身のほうがマシ? 年収が少ないほど多い理由は

結婚相手を「ATM」呼ばわり。恋愛離れも要因か…?

男女

2018/10/21 20:00

(ilkaydede/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ATMは、銀行やコンビニに設置している「現金自動預け払い機」のこと。しかし最近では、「女性のATMにはなりたくない」など、「お金を稼ぎ、出すだけの存在」という意味でネット上で使われている。


画像をもっと見る

 

■ATMになりたくない男性が半数超え

しらべぇ編集部では全国20〜60代の独身男性377名を対象に、「結婚について」の調査を実施した。

女性のATMになるくらいなら結婚したくないと思うグラフ

「女性のATMになるくらいなら、結婚したくないと思うほうだ」と答えた人は、全体で56.5%もいることが判明。多くの独身男性が、お金目当ての結婚を恐れているのだ。


関連記事:「年収1000万超えの男性」との結婚を望む女性 切実な想いも現実的な声が相次ぐ

 

■「働きたくないから結婚したい」という同僚を見て…

性年代別で見ると、20代の独身男性でも半数以上が女性のATMにはなりたくないと思っている。

女性のATMになるくらいなら結婚したくないと思うグラフ年代別グラフ

若い女性でも、男性の収入に頼って生きたいと思う人もいる。そんな話を耳にして、嫌になった男性も。

「会社の同期の女性でも『働きたくないから、結婚したい』って言っている子がいる。結婚したら仕事をしないって思ってるなんて、若いのに古い考えだなと思う」(20代・女性)


男性のお金を当てにする女性は、困難があったときにあっさりと捨てそうだとの意見もある。

「僕も結婚したら家族のためにがんばって働くつもりだけど、長い人生なにがあるかわからない。もしも仕事ができなくなったときに、お金しか見てない女性は簡単に夫を捨てそう。


そんな逆境のときにこそ、力を合わせられる相手でないと」(20代・男性)

次ページ
■年収300万円未満が一番多い

この記事の画像(4枚)