高嶋ちさ子、ダウン症の姉に小学生から心無い言葉 その後の対応に称賛の声

ダウン症の姉に対する心無い言葉に、高嶋ちさ子が取った行動とは…

高嶋ちさ子
(画像は高嶋ちさ子公式Instagramのスクリーンショット)

2日、ヴァイオリニストの高嶋ちさ子が自身のツイッターを更新。ダウン症の姉が、通っている協会で小学生から心無い言葉をかけられてしまったことを報告した。高嶋のその後の対応に、多くの反響が寄せられている。

 

■「ダウン症なんでしょ? 喋らないでくれる?」

高嶋は、姉がダウン症であることを隠すことなく、これまでテレビ番組などでも姉を紹介してきた。最近では、10月3日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)にて、幼少期からずっと一緒に過ごしてきたという姉のエピソードを紹介。

「ダウン症だから」と決して特別扱いせず、家族間で毒舌を言い合うフラットな関係性に、視聴者から多くの反響が寄せられていた。

しかし、姉のメディア露出が影響してか、番組を観た小学生から「ダウン症なんでしょ? 喋らないでくれる?」などと心無い言葉をかけられてしまったという。

高嶋は、「今までダウン症だって分かんなかったんだ」と率直な感想を述べつつ「教会変えなさいと言っといた。正解?」と、自身の対応について、ファンから意見を募っている。

 

■「ちさ子さん、大正解!」

こちらのツイートには、高嶋の対応に「正解だと思う」という賛同の声が多く寄せられている。

・ちさ子さん、大正解です!

 

・その小学生に尋ねてみたい。なぜ、ダウン症の人が喋ってはいけないのかと

 

・人の痛みがわからない小学生。いくら子供だとしても許せない…ちさ子さん、それは正解ですよ

 

・そこまで知ってて何故その発言が出るのか理解できないです。いつも会うのでしたは変えたほうがいいかもですね。それか親に突撃するしかないと思います

 

また、「その子の親に話をしてみては?」といった声も。

次ページ
■冷静になり「問い詰めてみます」

あなたにオススメ