宮沢りえ、事務所が「ほくろ除去」認める 「寂しい」「セクシーだった」と悲しむ声も

宮沢りえがほくろを除去していたことを事務所が認めた。

ほくろ
(obsession/ iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女優の宮沢りえ(45)のほくろがなくなったとSNSで話題になっていたことに対し、所属事務所が正式回答したと、『週刊女性PRIME』が報じた。


 

■「ポッキー」CMで視聴者が騒然

宮沢の顔の変化が話題になったのは、9月4日に放送が始まった「ポッキー」の新CM。SNS上では、「ほくろ取ったのかな?」「声は宮沢りえなのに顔は鈴木京香に見える」などの声があがっていた。

報道によると、結婚発表の2日後に行われた「伊右衛門」のCM発表会見に出席したときなど、4月ごろまではほくろが確かにあったという。

そのことに対し、所属事務所に問い合わせたところ、「ほくろを取ったことは把握していますが、それ以上、お答えすることはありません」と返答があったとのことだ。


 

■ネットでは「よりキレイ」の声

報道を受け、インターネット上では、「さらにキレイになった」などの声があがっている。

「ポッキーのCM見て、宮沢りえ、さらにキレイになった感じするーと思ってたら、ほくろ取ってたんだねー。気づいてはなかったけど、こんなに印象変わるとはオドロキ」


「小さいホクロならチャームポイントだけど、いつの間にかずいぶん大きくなっていましたからね。ますます綺麗になって良かったと思います」


「たかがホクロだけど、なくなった姿を見たらキレイな人だなぁ…と感じた」


今回の報道まで宮沢の顔の変化に気づかなかった人も、「ほくろがない姿がキレイ」と改めて思ったようだ。

次ページ
■今回の報道に寂しさを見せる声も

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ