犬のふんを黄色チョークで囲み… 名古屋市の悪質飼い主対策に注目相次ぐ

当たり前のマナーとして、きちんと持ち帰るようにしよう。

社会

2018/11/06 18:00

犬
(nimis69/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

空前のペットブームにより、多くの家庭が犬や猫と暮らすようになった現代の日本。しかし、飼う人が多くなればなるほど、マナーを守れないダメな飼い主も増加してしまう。

そんななか、名古屋市で「イエローチョーク作戦」なるものが行なわれ、注目を集めている。



 

■ふんを黄色チョークで囲む

この作戦はそのネーミング通りに「路上に放置された犬のふんを黄色のチョークで囲む」というもの。目印や発見日時を地面に直接書くことで、誰かが見ていることを意識させ、飼い主に警告するのが狙いだ。

この日の活動では、市職員や地域住民ら約20人が参加し、約50分の巡回の中で42カ所でふんを発見。すでにこの手法を導入している京都府宇治市では、活動の中でふんの放置が激減したということで、名古屋市でどんな効果が出るのか注目されている。


関連記事:『テラスハウス』カップルのハロウィン写真が物議 「卑猥」「完全に事後」

 

■導入を希望する人も

チョークの値段が1本約20円と安価なこともあり、市のお財布的にも優しい今回の活動。ネット上では「うちでもやってほしい」など、注目する人が相次いでいる

・ウチの近所でもやってほしい


・こんなもん効果ないだろうと思ったけど、よそで効果があったから後追いでやってみたのね


・良いと思う


・これよさげ。犬連れた散歩者多い地域に住んでるとほんとにたくさん遭遇する。「犬のフンお断り」の看板より効果あるのでないか

次ページ
■「効果ない飼い主もいそう」