ふざけて「ナメクジ」食べた男性が死亡 「420日昏睡」「全身麻痺」に悲鳴相次ぐ

ナメクジに寄生する広東住血線虫…注意したい。

社会

2018/11/07 14:00

なめくじ
(Lukasz Puch/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

食べ物ではないものを食べてしまうと、ときに予想もしない深刻な事態に陥ることがあるようだ。

オーストラリアのシドニーで、ふざけてナメクジを食べた男性が、全身の麻痺や昏睡などを経て死亡する事件が起き、ネット上で恐怖が広がっている。


 

■ふざけてナメクジを食べ死亡

CNN」によると、このたび死亡したのはサム・バラードさん。19歳だった2010年に、友人と中庭で酒を飲んでいるときに、ナメクジを発見。ふざけてそれを食べたところ、体に力が入らなくなり、両足の激しい痛みを訴え始めた。

原因はナメクジに寄生していた広東住血線虫のようで、寄生虫・幼虫が脳に入り込むと、ごくまれに重篤化することがあるという。

その後、バラードさんは間もなく昏睡状態となり、420日もの間、意識が戻らず。その後、奇跡的に意識を取り戻したが、全身の麻痺で食べることも動くこともできず、常に介護が必要になってしまったという。

そして今月2日、自宅近くの病院で、家族や友人に囲まれて息を引き取ったそうだ。


 

■「不憫すぎる…」

この報道に、ネット上では「かわいそうすぎる」「不憫」などの声が相次ぐことに。

19歳か20歳でふざけてナメクジをのみこんだ男性が8年後にナメクジから感染した寄生虫により死亡。怖すぎない? 毎日子供死なさないように頑張ってるけど18歳すぎてもとか無理だわ、、


・パーティーだからって空気がこの人を殺したのか…


・こんなことで世界に顔がさらされて、かわいそうとしか言いようがない


■「普通に起こりそう」との声も

なお、直接ナメクジを飲み込まなくても、野菜をよく洗わずに食べた際などに、うっかり誤飲してしまうケースもあるという。ネット上では、そんなケースを想像し、恐怖を覚える人も。

・家庭菜園で収穫した葉物をさっと洗ってサラダにしたら実は何か付いちゃってました~! みたいな状況を想像するとめちゃくちゃ怖い


・ナメクジがいない葉野菜でも、よく洗わずに食べると感染の危険があります(ハワイでは常識)


・普通に起こりそうなことだけに怖い。気をつけようっと


海外ではスムージーを作る際にナメクジに気付かずに野菜ごとミキサーに入れてしまい、感染してしまうケースもあったようです。生で野菜を調理する前にはよく洗うようにしてくださいね!


たかがナメクジだと言って、決してナメてはいけない。生野菜やスムージーなどを口にする際は、くれぐれも気をつけよう。

・合わせて読みたい→藤田ニコル、東京オリンピック代表に名乗り? 運動能力の高さに専門家が太鼓判

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ