小栗旬のハリウッドデビューに心配の声 「銀魂を評価されて与えられる役って…」

小栗旬がハリウッド映画に出演することが明らかになった。

エンタメ

2018/11/12 19:00

(画像は映画『銀魂2』公式ツイッターのスクリーンショット)

俳優の小栗旬(35)が『ゴジラVSコング(仮題)』でハリウッドデビューをすると報じられた。



 

■『銀魂』での仕事ぶりを高く評価

報道によると、レジェンダリーピクチャーズと監督のアダム・ウィンガードは、小栗が主演を務めた映画『クローズZERO』と『クローズZEROII』、そして『銀魂』での彼の仕事を高く評価しているという。

小栗は今回の出演について、「もちろん憧れがありました」とした上で、「それだけにハードルの高さも強く意識せざるを得ませんでした」とコメント。

それでも、「本作の監督やプロデューサー、レジェンダリーの皆さんのこの作品に対する情熱に触れて、そのハードルにチャレンジしたいという大きな意欲が湧いてきました」と、本作出演を決めた理由について話しているとのことだ。


関連記事:浜崎あゆみ、ミニスカステージ画像に騒然 「この衣装って…」「もろパクリ?」

 

■ネットでは「頑張ってほしい」とエール

小栗のハリウッド進出に対し、ツイッターなどインターネット上では、「頑張ってほしい」「応援している」など激励の声があがっている。

「小栗旬がキンゴジ出るらしいので、ぜひ1作目の渡辺謙のような、何か重要なことを成し遂げそうで何もしていないキーパーソン役を頑張ってほしい。あとゴジラの発音も」


「小栗旬まじで頑張ってほしい。道のりはめちゃくちゃ険しいけど、ひとりでも多くの人に『シュン・オグリ』の名前を覚えてもらえるといいよね。同じ日本人としてめちゃくちゃ応援してる」


「ハリウッドデビューでまた舞台から遠ざかってしまうのかな。でも成功はしてほしい。頑張って、小栗旬さん」


「小栗旬ハリウッド進出おめでとう。頑張ってな」

次ページ
■『銀魂』での評価に不安の声も

この記事の画像(1枚)