広島県警の警部補、女児にわいせつ画像を送らせ減給 甘すぎる処分に怒りの声も

甘すぎる対応に怒りの声が寄せられている

オトナ

2018/11/14 19:20

警察官
(paylessimages/istock/Thinkstock)

11月14日、広島県警に努める男性警部補が、女児に撮影させたわいせつ画像を送信させた疑いで、書類送検されていたことが明らかになった。



 

 

■警部補、減給処分に

警部補は9月20日、県外の警察から児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで書類送検されていた。

送検容疑は、2018年2月24日から3月4日まで、インターネット上で知り合った女児に複数回にわたって、わいせつな画像を撮影させ、それを送信させた疑い。

県警発表によれば、女子児童の親から相談があり、警部補に事情を聴いたところ容疑を認めた、とのこと。書類送検された同日付で、広島県警は警部補に対して、減給10分の1(3か月)の懲戒処分を下している。警部補はすでに依願退職した。


関連記事:浜崎あゆみ、ミニスカステージ画像に騒然 「この衣装って…」「もろパクリ?」

 

■県警、不祥事の詳細を明らかにせず

今回の男性警部補が起こした不祥事は公務外で行われていた。県警は不祥事の公表基準を、公務中は懲戒処分以上、公務外は停職以上と定めている。そのため、広島県警の監査官室は今回の不祥事に関して、

「公表にあたる事案ではないので詳細を差し控える」

として、不祥事のより具体的な内容は明らかにしていない。

次ページ
■「甘すぎる」対応に怒りの声