『笑点』メンバーで最も実力があるのは誰?  1位は桂歌丸さんと懇意の…

実力者だった桂歌丸さん死去に見舞われた『笑点』。現行メンバーで最も「実力がある」のは?

エンタメ

2018/11/17 10:00

(©写真AC)

2018年は、『笑点』(日本テレビ系)にとって節目の年。番組初期から出演し、司会降板後も『もう笑点』で元気な姿を見せていた桂歌丸さんが亡くなったのだ。

生前の歌丸さんは回答者として活躍し、その実力は抜きに出ているといわれた。また司会者としても、絶妙の切り返しと安定の仕切りを見せており、歴代ナンバーワンとの声もある。

そんな歌丸さん亡きあとの『笑点』で、最も「実力がある」と思われているのは誰なのか。しらべぇ編集部では全国の20代~60代の視聴経験者人1,294名に調査を実施。結果をランキング形式で紹介する。


 

■第5位:三遊亭小遊三(3.9%)

5位は歌丸さんのあとを受け、落語芸術協会会長代行兼副会長に就任した三遊亭小遊三。『笑点』では下ネタや泥棒ネタを得意とし、異彩を放つ存在といえる。

「便所ではお尻を副会長」をキャッチフレーズにしていた際は歌丸さんに「放送時間を考えろ」と言われたこともある小遊三だが、そんな「異彩ぶり」を評価している人が存在している様子。

卓球が得意なことや、明治大学卒であることも要因か。


 

■第4位:三遊亭好楽(4.3%)

4位には三遊亭好楽がランクイン。林家九蔵として『笑点』に登場し、一度降板したのち現在に至る好楽。

5代目圓楽さん司会時には「つまらない」と揶揄されることもあったが、歌丸さんが司会に就任すると、不人気や仕事やないことをネタにするようになり、人気を得た。

開き直りを見せたことや、ほかのメンバーにはない「上手い」回答をすることもある好楽。そして様子が、「実力者」と感じさせているのかも。

次ページ
■第3位:林家木久扇(4.4%)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ