「バター×マヨ」の高カロリー攻め! マイルドすぎる味噌ラーメンがカップ麺で登場

発売30周年を迎えた『スーパーカップ』から、禁断の高カロリー味噌ラーメンが登場!

グルメ

2018/11/18 11:30

マヨ味噌バター

発売30周年を迎えた『スーパーカップ』から、冬の定番商品「みそバター」にマヨネーズが加わりパワーアップした新商品が登場。その名も『スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン』。

名前を聞いただけで、胃もたれしそうな高カロリー三昧のこの商品。 19日から全国発売すると聞きつけ、しらべぇ編集部は一足お先にいただくことにした。


画像をもっと見る

 

■バター×マヨネーズの攻めた商品

味噌ラーメンといえば、札幌市。筆者が個人的に北海道を訪れた際、濃厚なバターが染み渡った「味噌バターラーメン」を食べて感動したことを思い出す。

マヨ味噌バター

ラーメンにバターを入れるだけでも、体にとっては罪深き行為。しかし、この商品は更に「マヨネーズ」も投入するという思い切り。どれだけ濃厚に仕上がっているのだろうか。


関連記事:背脂の量がハンパじゃない! 家系ラーメンを「熊本風」にするとこうなる

 

■味の決め手は3つの小袋

マヨ味噌バター

早速開封すると…3つの小袋が登場。問題のマヨネーズは、「20g」とたっぷり。

かやく入りの粉末スープには、卵・揚げ玉・ねぎ・唐辛子が使用されている。試しに匂いを嗅いでみると…味噌の香りが強く、バターは感じられなかった。

お湯を線まで入れて、「マヨネーズ」と「調味油」をフタの上で温めながら待つこと4分。本来、マヨネーズは温めてはいけないらしいが間違えて温めてしまったことは、ここだけの話。

フタをあけると、湯気とともに味噌の香りが漂い、これだけでも十分美味しそうだ。


■主役のマヨネーズ登場

まずは、調味油を注いでみると…マイクポップコーンを彷彿させられる芳醇なバターの香りが広がった。さて、ここからがこの商品の見所。主役のマヨネーズを全部載せ。

ビジュアルは決して良いとはいえない状況に。マヨネーズは分離せず、しっかりスープや麺と混ざるのだろうか。慎重に混ぜてみると…

意外と混ざった! 程よくマヨネーズが浮きパッと見、坦々麺のようだ。

次ページ
■バターのパンチが効いている

この記事の画像(10枚)