草食化する大学生に対し中学生は早熟と判明 若林史江「中学時代はモリモリだった」

『5時に夢中!』で草食系大学生と早熟な中学生に関して、マツコ・デラックスと若林史江が議論!

若林史江、マツコ・デラックス
(画像は若林史江Twitterのスクリーンショット 中央が若林史江氏)

草食男子が市民権を得て、「草食系」が男性のスタンダードになりつつある昨今。日本性教育協会の調査で「大学生の草食化」と合わせて「中学生の早熟」が判明した。

26日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で同話題に関して、マツコ・デラックス(46)と株式トレーダー・若林史江氏(41)が自身を振り返り言及。大きな注目を集めている。


 

■草食大学生と早熟中学生

『毎日新聞』が報じた日本性教育協会の調査結果によると、「デートを経験した」大学生の割合は男子71.8%、女子69.3%、過去40年超で最低の数値となった。

大学生は「付き合う相手が欲しくない」との回答が男女ともに30%超え。性交経験のある高校生は20%以下だったのに対し、中学生のデート経験は男子27%、女子29.2%で過去最高と判明。性交経験も増加傾向にあり、中学生の早熟化が進んでいる。


 

■若林氏「中学からモリモリ」

若林氏は「早熟すぎても問題だけど、数年遅いだけで草食を問題視されるのはどうかな?」と疑問を呈す。

この意見を皮切りに早熟になるのは「ネットの影響」かと議論が過熱していくが、マツコは「それなら大学生はネット世代」と草食系の増加に首をかしげる。

性に奔放なキャラクターでも人気の若林氏は、中学時代を振り返りながら「モリモリでした」と告白。「あんた中学からモリモリなの」と驚くマツコに、「違う違う、(性体験じゃなくて)関心がね」と慌てて否定し、中学時代の爽やかなデートなどを語った。

次ページ
■視聴者の意見は…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ