夫に内緒で不倫に走った妻 その理由に「切ない」「気持ちはわかる」と同情相次ぐ

夫に黙って性欲を発散しようと不倫に走る妻。夫婦関係のこじれに共感や同情の声が相次ぐ。

修羅場
(Tomwang112/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

愛を誓い合って結婚しても、ふとしたきっかけで不倫に走ってしまうのが恋愛の怖さ。とくに子供ができると「家族」のイメージが強くなり、パートナーを恋人として見れないという人もいるだろう。

女性限定匿名掲示板『ガールズトーク』に投稿された、とあるトピックが話題になっている。


 

■夫から営みを無視され続ける

不倫経験を語った投稿者の女性。年上の夫からずっと夜の営みを拒否され、話し合っても「疲れてる」の一点張りで、半年〜1年に1回というペース。

投稿者は学生時代からモテるほうで容姿にも自信があり、努力もしてきたため「プライドがへし折られて死にたかった」とのこと。投稿者にとって夜の営みがないことは死活問題で、「ずっと人権を無視されてる感じがしていてそれがつらかったんだ。私にだって性欲はあるし、承認欲求満たされたかった」と語る。その理由から不倫に走ったものの、「ちゃんと捕まえといて欲しかった。できることなら夫とが良かった」と本音を漏らした。


 

■ズルズルと離婚も先延ばしに…

性欲解消のために不倫をしていた投稿者だが、結局は不倫相手と連絡をとるのをやめてしまったという。本気で恋愛モードになってしまったこと、子供の存在が暴走を止めたようだ。

さらに、今まで「言葉が通じないから」と子供に興味がなかった夫が、最近では子供と仲良くなり始め、別れようにも別れられなくなってきたとのこと。

また、「離婚したい」と何度も話したものの、結局夫は「悪いとこ直す」と謝罪するばかりで離婚のタイミングが先延ばしに…。家庭はいい方向に向かっているものの、性欲を発散したいという投稿者の問題は置き去りになっていく。

これからも性欲は「ひっそり外注する」という投稿者は、「性欲強いのにパートナーに拒絶されてる人って、結果的にそうせざるを得ないのでは」とつづった。

次ページ
■「気持ちはわかる」「ケジメつけないと」

あなたにオススメ